「魔王様、リトライ!」に森久保祥太郎、M・A・Oら 7月3日からTOKYO MXほかで放送

映画.com / 2019年6月18日 11時0分

写真

TOKYO MXで7月3日深夜12時、 BSフジで8日深夜12時から放送スタート (C)神埼黒音/双葉社・「魔王様、 リトライ!」製作委員会

 [映画.com ニュース] 神埼黒音氏の人気ファンタジー小説(双葉社刊)をテレビアニメ化する「魔王様、リトライ!」に、森久保祥太郎、木下鈴奈、久保ユリカ、荒浪和沙、桜咲千依、M・A・Oの出演が決まった。

 同作は、自身が運営するゲームで魔王・九内伯斗(くないはくと)にログインしたまま異世界に飛ばされてしまった普通の社会人・大野晶が、魔王・九内として国家や聖女たちから命を狙われ、行く先々で騒動を巻き起こしていくさまを描く。

 森久保は、大野がもつもうひとりのキャラクターで、モードチェンジで現れ圧倒的な力で戦うも、大野の意志をいっさい受け付けない正義漢の霧雨零(きりさめぜろ)役を務め、人の感情や魂を色で見分けることができ、九内と零が同一人物だと見抜く少女トロンを木下が演じる。

 また、“三聖女”の末っ子ルナ・エレガントが治める領地のラビ村で暮らし、語尾に“ウサ”と付けてしゃべるバニーのモモ役を久保、語尾に“ピョン”を付けるキョン役を荒浪が担当。桜咲は、Sランク冒険者のスタープレイヤーだが中二病気味の巨乳僧侶ミンク役、M・A・Oは、魔人という正体を隠しながら、ミンクと行動をともにするSランク冒険者のオルガン役に配された。新たに零とトロンを加え、メインキャラクターが勢ぞろいした第3弾キービジュアルも公開されている。

 森久保は「他に類を見ない世界観でしたので、おもしろい発想だと思いました」と作品に好感触。木下は「トロンちゃんは、いつも若干眠そうなのがかわいいです。トロンなりにアップダウンはあるのですが、ちょっと眠そうというのは、意識してみました」と語っている。アニメ版公式サイトでは、全員のコメントが公開されている。

 そのほか、同作の放送スケジュールも発表された。TOKYO MXで7月3日深夜12時、 BSフジで8日深夜12時から放送スタート。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング