「暗闇にベルが鳴る」リメイク版はイモージェン・プーツ主演

映画.com / 2019年6月18日 11時0分

写真

イモージェン・プーツ 写真提供:アマナイメージズ

 [映画.com ニュース] スラッシャー映画の草分けといわれているオリビア・ハッセー主演の1974年の映画「暗闇にベルが鳴る」を、イモージェン・プーツ(「マイ・ファニー・レディ」「グリーンルーム」)主演でリメイクすることがわかった。

 ロバート・クラーク監督、ロイ・ムーア脚本のオリジナル版「暗闇にベルが鳴る」は、クリスマスにジェス(ハッセー)が住む女子学生寮で巻き起こる連続殺人事件を描くサスペンス。

 米Wrapによれば、リメイク版は米ユニバーサル・ピクチャーズとブラムハウス・プロダクションが製作し、「ブラック・ビューティー」(マッケンジー・デイビス主演)のソフィア・タカール監督がメガホンをとる。ニュージーランドで撮影し、12月13日から全米公開の予定。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング