菅田将暉、舘ひろしらベテラン陣から“天才的演技”と絶賛の嵐「すごいな、今日の俺」

映画.com / 2019年6月26日 20時40分

写真

舞台挨拶で笑顔をのぞかせる菅田将暉、 柄本佑、舘ひろし

 [映画.com ニュース] 三田紀房氏の人気漫画を実写映画化する「アルキメデスの大戦」の完成披露試写会が6月26日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、主演の菅田将暉、共演の柄本佑、浜辺美波、笑福亭鶴瓶、小林克也、橋爪功、田中泯、舘ひろし、メガホンをとった山崎貴監督が舞台挨拶に出席した。

 世界最大級の戦艦・大和の建造をめぐるさまざまな謀略を描く。霧に映像を映し出す「ミストスクリーン」演出によって現れたタイトルと戦艦大和、そして各キャラクターの肖像。その霧が晴れると燃え盛る炎をバックに、菅田らが堂々とステージに登場した。天才数学者・櫂直を演じた菅田は「元々原作漫画が好きだったんですが、そこから後ろに火、目の前に水、こんなマッチョな空間に居るまでに発展していった(笑)。自分の映画を見る時、いつも色々なことを考えてしまうんですけど、(本作に関しては)『見てもらいたい!』と思える程、清々しい気持ちなんです」と作品の出来に自信をにじませた。

 海軍少将・山本五十六役として参加した舘は「(菅田は)天才ですよ。本当に素晴らしい。この顔とスタイルで、あれだけ芝居が上手かったら、女にモテないわけがない!」と断言。さらに「舘さんにそれを言っていただけるのは嬉しいですね。(舞台挨拶が映る番組を)録画しよ」と菅田が切り返すと「初めて男に嫉妬を感じましたよ」と絶賛する。そして、ここから“ベテラン勢”による菅田への“べた褒め”が始まった。

 「菅田君の楽曲『まちがいさがし』が大ヒットしていますが…」と前置きした小林は、「(劇中でも)声がすごく良いんでビックリしちゃった」と振り返り、橋爪は「映画を見て頂くと、菅田君の天才ぶりが本当によくわかる」と興奮気味に説明。「舘さんにモテると言われ、克也さんに声が良いと言われ……すごいな、今日の俺」と思いの丈を述べた菅田は、劇中で緊迫の対決を繰り広げる田中との思い出を語り出した。「泯さんから頂いた、すごく嬉しい言葉があって――2人だけのシーンがあるんですが、セッティングの最中に『今のカット、同い年の人としゃべっているみたいだった』と言ってくださったんです」と述懐すると、その言葉を受けた田中は、菅田の天才ぶりを認めながら「我を忘れてやっていましたから」と当時の状況を補足していた。

 また、自身をモデルにしたキャラクター・大里造船社長の大里清役の鶴瓶からは、戦艦大和に関する真実が明かされた。「(菊の御紋の)金箔を貼ったのは、ウチの嫁の親父なんですよ。俺、ビックリしたんだよ。冒頭のシーンでそれが見えた時『あ、これか』と。そして、こんな役がきた――これも縁ですね」と告白すると、周囲は驚きの表情を浮かべていた。

 「アルキメデスの大戦」は、7月26日から全国で公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング