「人生は複雑だけど希望を持てる」フランスで大ヒット、中年の危機を迎えた男性たちのシンクロ映画

映画.com / 2019年7月12日 16時0分

写真

ジル・ルルーシュ監督

 [映画.com ニュース]フランスで観客動員数400万人を突破し、第44回セザール賞で最多10部門にノミネートされた「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」が7月12日公開された。名優マチュー・アマルリックが演じる、うつ病がきっかけで会社を退職し、引きこもりがちな生活を送る主人公をはじめ、家庭や仕事や将来に不安を抱えるミッドライフ・クライシス(中年の危機)真っ只中の男性陣が、シンクロナイズド・スイミングに取り組み、次第に生きる希望を見出していく。来日したジル・ルルーシュ監督に話を聞いた。

--中年男性が社会に対して失った希望や不信感を描きたかったそうですね。

 フランスだけではなく、おそらく世界的な傾向だと思います。現代社会は、生活は快適になってきているのに、だんだん幸せではなくなり、孤独になっていきます。幸せな生活を送れない人への嫉妬が生まれたり、昔、カフェはおしゃべりを楽しむところだったのに、今は、それぞれがPCやスマホに向かって会話がない。それぞれが自分のコミュニティをつくって、その中だけで生きている。何かがあると、すぐに逃げ込んで壁を作って閉じこもってしまう。SNSなどのコミュニケーション手段は増えているのにもかかわらず、実際のコミュニケーションは減ってしまう。あるいは一方的になっている気がします。経済的にも厳しくなっているし、宗教を逃げ場にしている人もいるでしょう。でも、こういう時代だからこそ、お互いを思いやったり、分かち合うことで、それぞれが希望を持てるということを描きたかったのです。

--ヒット作「セラヴィ!」など、俳優としても活躍されていますが、今作は監督に専念されていますね。ご本人が出ない理由は?

 これまで俳優として様々な作品に出ていますが、いろいろと矛盾を感じていて。やはり、人が作った作品のなかでは自分がやりたいことが十分にできないのです。そもそも自分が海水パンツで演技することなんか想像できなかったですし(笑)、監督としての仕事が多すぎて、絶対両立できないだろうと思っていました。俳優たちは、それぞれ好き勝手に動きますし、それをまとめなくてはいけない、今回は集中して監督業に専念しようとそう決めました。

--マチュー・アマルリック、ギョーム・カネら監督経験者の俳優もいますが、意見の相違などは?

 それはなかったです。監督を経験がある人間は、いかに監督というものが孤独かをわかっている。だからこそ、逆に全てが上手く行ったような気がします。みんな、本当に全てをかけて集中してくれましたし、寒い中プールに入ってくれたりと、がんばってくれました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング