【エミー賞ノミネート発表】「ゲーム・オブ・スローンズ」が圧巻の新記録を樹立!

映画.com / 2019年7月18日 19時0分

写真

ノミネート数で独走中! Photo: Helen Sloan/HBO (C)2019 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

 [映画.com ニュース] 米テレビ界のアカデミー賞にあたる祭典、第71回プライムタイム・エミー賞のノミネーションが7月16日(現地時間)に発表された。

 シーズン8で幕を閉じた米有料チャンネルHBOの大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」が、同賞史上最多となる圧巻の32ノミネートを達成。作品賞、主演男優賞(キット・ハリントン)、主演女優賞(エミリア・クラーク)に加え、助演のカテゴリーでは常連のピーター・ディンクレイジを筆頭に、ソフィー・ターナー、メイジー・ウィリアムズらキャスト7人がノミネートを果たすなど、ドラマシリーズ部門を独占した。

 このほか同部門の作品賞には、「ゲーム・オブ・スローンズ」のロブ・スターク役でブレイクしたリチャード・マッデン主演のサスペンスドラマ「ボディガード 守るべきもの」、ライアン・マーフィー制作総指揮によるLGBTQドラマ「POSE ポーズ」、サンドラ・オー主演のスパイスリラー「キリング・イヴ Killing Eve」など5作品が初ノミネートを果たした。

 コメディシリーズ部門でも、「ゲーム・オブ・スローンズ」に次ぐ20ノミネートを獲得した「マーベラス・ミセス・メイゼル」と「バリー」、シーズン7で放送を終了した「Veep ヴィープ」以外の4作品が初ノミネートとなった。

 リミテッドシリーズ/テレビムービー部門では、“歴史上最悪の原発事故”と呼ばれるチェルノブイリ原子力発電所事故の真実に迫るHBOのリミテッドシリーズ「チェルノブイリ」、えん罪によって人生を狂わされたハーレム出身の少年たちを追うNetflixオリジナル作品「ボクらを見る目」、伝説の振付師ボブ・フォッシー夫妻の知られざるロマンスを描く「Fosse/Verdon(原題)」などがノミネート。実話に基づく作品が大半を占めているのが今年の特徴といえる。

 放送局では、前年Netflixに敗れるまで、ノミネート数で17年間連続トップを独走していたHBOが137ノミネートを獲得して首位の座を奪還。Netflixが117ノミネート、NBCが58ノミネートと続いている。

 第71回エミー賞授賞式は9月22日(現地時間)、米ロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで行われる。

 各部門の主要なノミネートは以下の通り。

<ドラマシリーズ部門>
■作品賞
「ベター・コール・ソウル」(AMC)
「ボディガード 守るべきもの」(Netflix)
「ゲーム・オブ・スローンズ」(HBO)
「キリング・イヴ Killing Eve」(BBCアメリカ)
「オザークへようこそ」(Netflix)
「POSE ポーズ」(FX)
「キング・オブ・メディア」(HBO)
「THIS IS US 36歳、これから」(NBC)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング