カッコ良ければそれでいい!超COOLなガンアクションなら「デイライツ・エンド」

映画.com / 2019年7月27日 21時0分

写真

(C)DAYLIGHTS END 2016. ALL RIGHTS RESERVED

 Twitterのホラー界隈で知らぬ者はいない人間食べ食べカエル氏(@TABECHAUYO)によるホラー映画コラム「人間食べ食べカエル テラー小屋」が、映画.comに爆誕!! “人喰いツイッタラー”が、ホラー映画専門の動画配信サービス「OSOREZONE」の配信中のオススメ作品を厳選し、その見どころを語り尽くす!

 超ヤバイ疫病が世界中に広がり、大部分の人が感染してゾンビ的なクリーチャーとなった。崩壊した世界で一人サバイブする男(ジョニー・ストロング)は、とある街にたどり着くと、無法者たちに襲われ絶体絶命の女性サムを発見する。彼は圧倒的な銃さばきで無法者たちを瞬殺し、サムと共に他の生存者たちが隠れ家としている警察署に逃げ込む。しかし、そこも無数の感染者たちに囲まれてしまい……。

 映画に求めるものはその時その時で様々だ。格闘が見たいとか、人が残酷に死ぬところが見たいとか、人が酷い目に遭うところが見たいとか。その中でも、とにかくカッコいい銃撃戦を見たい、超COOLなガンアクションがたくさん詰め込まれた映画はないかな、と思うことがある。恐らく同じようなことを思ったことのある方は多いだろう。今回紹介する映画「デイライツ・エンド」は、そんな欲求に真正面から応えてくれる、めちゃくちゃカッコいいガンアクションをこれでもかと詰め込んだ作品だ。

 一部のガンアクション好きの間で伝説となっている映画「ルール 無法都市」の、格好良く銃を撃つ様を撮らせたら右に出る者はいないウィリアム・カウフマン監督と、格好良く銃を撃たせたら右に出る者はいないジョニー・ストロングが、再びタッグを組んで作り上げたのがこの作品。地に足の着いた作風の「ルール 無法都市」と比べると、今回は崩壊した世界を舞台に生存者たちと吸血鬼の群れがバトルを繰り広げるというだいぶファンタジックな内容だが、やっていることは変わらずに、ひたすら超絶カッコいいガンアクションを盛り込みまくる!! この1点に尽きるので安心してほしい。

 ストロングが、感染者を外に引きずりだして抹殺する冒頭から、既に格好良さが振り切っている。その後に流れるOPクレジットと共に、物凄くザックリと世界崩壊の様子を描くと、早速、荒廃世界名物の厳ついにも程がある無法者集団が出現。生存者グループを襲撃し、生き残った女性を追い詰める。そこに颯爽とストロング登場! 本編開始10分ほどでいきなり銃撃戦に突入する。流石監督、こっちの見たいものがよく分かってらっしゃる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング