新海誠と川村元気が「天気の子」を“当事者の映画”にした思考過程

映画.com / 2019年8月3日 6時0分

写真

 [映画.com ニュース]新海誠監督の最新作「天気の子」は、離島から上京した家出少年の主人公・帆高(醍醐虎汰朗)が、「祈るだけで空を晴れにする」不思議な力をもつヒロインの少女・陽菜(森七菜)と出会い、運命にあらがいながら自らの生き方を選択していく物語。国内累計動員1928万人のメガヒットを記録した前作「君の名は。」を経て、新海監督はどのような物語を紡ごうと考えていったのか。企画・プロデュースとして並走した川村元気氏にも同席してもらい、作品鑑賞後を前提としたストーリー、キャラクターづくりの秘密を聞いた。(取材・文/編集部)

 取材を行ったのは、初日舞台挨拶直前の7月19日夕方。午前0時からの世界最速上映に参加した観客からの好意的な感想を伝えると、新海監督は「皆さんの温かい笑顔を目にして、本当に元気づけられました」と感謝しながらも、「まだまだまったく分からないなという気持ちも大きくあります」と告白する。

 新海「最速上映に来てくださった方々の感想は、基本的には楽しみにしていたファンの声だと思っています。これから、『ちょっと時間をつぶそう』『夏休みに家族で映画を見よう』といった、たくさんある映画の1本として見られていき、普通の感想や意見にさらされていくことになると思います。そこで皆さんにどう感じていただけるが大事で、何より僕自身がそれを知りたいんです」

 新海監督がつくる映像そのものが何より好きだと語る川村は、本作のモチーフが天気であることを初めて聞いたとき、まず「大好きな“新海さんの雲”がいっぱい見られる」と思ったという。

 川村「雲を生き物のような多様性をもった存在としてここまで魅力的に描く画家は、僕の知るかぎり世界にもそうはいないはずです。『言の葉の庭』で描かれた雨もすごく印象に残っていましたから、雨や水の表現も見られる。どんなビジュアルになるのだろうと、すごく楽しみでした」

 本作では、社会のセオリーから外れても自らの選択を貫こうとする少年少女の奮闘が描かれる。そのプロットを聞いた川村は、「本当にすごいところに気づかれたなと思いました」と振り返る。

 川村「ルールから外れたことを言うと袋だたきにあうような息苦しさが世の中に蔓延(まんえん)していて、ともすれば簡単に自分も批判するほうに回ってしまうことがある。そんな矛盾を抱えていることを僕自身嫌だなと思っていましたから、新海さんの話を聞いて『ああ、そこを突き抜ける物語をやるのかな』と。主人公の最後の行動を見て、観客はなんて言うのだろうとワクワクしました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング