ジュリアン・ムーア、渡辺謙、加瀬亮が夢の競演!「ベル・カント」11月15日公開決定

映画.com / 2019年8月21日 11時0分

写真

テロリストと人質の予期せぬ交流を描く

 [映画.com ニュース] ジュリアン・ムーア、渡辺謙、加瀬亮ら日米豪華キャストが結集した映画「BEL CANTO(原題)」が、「ベル・カント とらわれのアリア」の邦題で、11月15日から日本公開されることが決定。あわせて、「彼らの運命は、その女神のような歌声に託された――。」というコピーが配されたポスタービジュアルもお披露目された。

 Amazonベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーに輝いたアン・パチェットのベストセラー小説を実写映画化。1996年にペルーで起きた日本大使公邸占拠事件からヒントを得た、テロリストと人質の予期せぬ交流を描き出す。ムーアが世界的なオペラ歌手のロクサーヌ・コス、渡辺が独自の美学を貫く実業家ホソカワ、加瀬がホソカワの通訳を務めるゲンを演じ、「ブリッジ・オブ・スパイ」のセバスチャン・コッホ、「ヒトラーと戦った22日間」のクリストファー・ランバートも出演。また、ムーア扮するコスの歌声を、オペラ歌手のルネ・フレミングが担当している。

 実業家のホソカワは、南米某国の副大統領邸でのパーティーを心待ちにしていた。ホソカワの会社の工場誘致を目論む主催者が、彼が愛してやまないソプラノ歌手のロクサーヌ・コスのサロンコンサートを企画したのだ。現地の名士や各国の大使も集まり、“女神の歌声”が流れた時、突然テロリストたちがなだれ込み副大統領邸を占拠。収監中の同志の解放を求める彼らは、政府と交渉するものの平行線が続く。そんななか、コスの歌をきっかけに、貧しく教育など受けられるはずもなかったテロリストたちと、教養に溢れた人質たちの間に、親子や師弟のような交流が生まれ始める。

 メガホンをとったのは、「アバウト・ア・ボーイ」のポール・ワイツ監督。本作のキャスティングについて「私にとっての鍵は、脚本をジュリアン・ムーアに送り、彼女に私と一緒にこの映画を作りたいと思ってもらうことだった」と告白。さらに「渡辺謙には素晴らしいユーモアのセンスがあり、物腰に気品がある。この映画のほとんどで、彼から目が離せないだろう」とコメントを寄せている。

 「ベル・カント とらわれのアリア」は、11月15日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング