三浦春馬、多部未華子との“五輪共演”に感謝も「また4年後に」に苦笑

映画.com / 2019年8月21日 21時30分

写真

「愛がなんだ」今泉力哉監督がメガホンをとった恋愛映画

 [映画.com ニュース]人気作家・伊坂幸太郎氏の唯一の恋愛小説の映画化で、斉藤和義が音楽を手掛けた「アイネクライネナハトムジーク」の完成披露上映会が8月21日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた。

 出演の三浦春馬、多部未華子、原田泰造、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、貫地谷しほりと今泉力哉監督が舞台挨拶に登壇。三浦は、「奇跡や運命は、人を思いやることから始まる。それが日常生活に詰まっていることに気付ける映画です」と自信のアピールだ。

 多部とは4年に1度、恋人役で共演している縁があり、「多部さんは五輪みたいな関係と言っていたけれど、現場では自然体でいられることができた」と感謝。続けて、「20歳と24歳の時を知っているから、どういう芝居と雰囲気を届けられるかという、いい緊張感があった」と振り返った。

 対する多部も、「10年付き合ったカップルの役だったので安心感があって、幸せに思う瞬間がいっぱいあってうれしかった」と呼応。だが、「次はまた4年後に」とつれない発言で、三浦を苦笑させた。

 映画の中で気になるキャラクターを聞かれると、三浦が「藤間さん。こんな柔らかい雰囲気を持った上司がいたら、肩の力を抜いて相談できそう」と、原田を礼賛。「超うれしい」とほおを緩めた原田も、「すごく優しい部下で、こんな後輩がいたら自分もグングン伸びそう」と相思相愛を強調した。

 多部は、「皆、いいキャラクターだけれど、矢本くんのキャラだけはどうしても好きになれない」と本音を吐露。原田も「僕もイヤだなあ」と追い打ちをかけた。矢本は、三浦の友人のダメ夫役で「大事な役なんですけれどね。愛情を込めて演じたのに悲しいっすね」としょんぼりしていた。

 「アイネクライネナハトムジーク」は、9月20日から全国で公開される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング