柄本佑&瀧内公美、ふたりだけで挑んだ極限の愛 荒井晴彦監督作「火口のふたり」

映画.com / 2019年8月25日 11時0分

写真

 直木賞作家・白石一文氏の小説を、「赫い髪の女」(79)、「Wの悲劇」(84)、「大鹿村騒動記」(11)など、日本映画史に残る傑作を生み出した名脚本家として知られる荒井晴彦が映画化した監督第3作「火口のふたり」。R18+指定で、男と女の極限の愛を描き出す。巷で表現の規制が話題になる昨今、本作はどのような波紋を呼ぶのか…。主演の柄本佑と瀧内公美が、荒井監督とともに、撮影時のエピソードや荒井監督ならではの演出術について語った。(取材・文/編集部 撮影/松蔭浩之)

--今回、白石一文さんの小説を映画化されようと思った理由を教えてください。

荒井 登場人物がふたりだけで、あまりお金が掛かりそうもない。そして、震災から2年たたないのに大きな自然災害を予告するような小説だった。噴火、地震、豪雨や災害が続いていたので、早く撮りたいと焦ってましたね。

--荒井さんにとって、震災を扱った作品は初めてですね。

荒井 そうですね、「絆」と声高に言うのも、聞くのもあまり好きではないから。震災ネタって、結局どういうアプローチをしても当事者にはなれない。だから、違うアプローチができればと。被害者がいて、いい人がいて…みたいな話が多いけど、絶対悪い人だっているわけじゃない。実際泥棒がいたり、人がいなくなってるから。そういうのであれば、やりたいなと思っていたけどね。東電から賠償金をだましてとった詐欺の記事を読んだけど、そういうの、いいと思う。戦争モノも震災モノも、被害だけ描いて。誰が悪くてこうなったんだというのが無い。原発事故は人災でしょ。政官財の原子力ムラをやっつけるような映画がなぜ作られないのか。昔は「原子力戦争 Lost Love」とか「人魚伝説」とかあったのに。

--そうやって避けようと思っていた題材を敢えて選ばれたのは?

荒井 男と女がやってるだけの話だなあ、と思っていたら、最後にああいう展開になったので、おお、これが待っているのか、と。それが面白かった。瀧内は「彼女の人生は間違いじゃない」(震災後の福島に暮らす人々を描いた、廣木隆一監督作)から変化したよね。

瀧内 やっぱり、背負っているものが違うからです。荒井さんが震災の当事者にはなれない、と仰いましたが、本当にそうで。「彼女の~」は当事者の役。現状とはかけ離れた本当に嘘をついている役だったので難しかったけれど、今回は震災に対して自分自身と同じように感じているから気持ちが入りやすかったです。あとは荒井組の方たちが思いやりのある方ばかりで、私のために女性スタッフが多かったですし、写真を撮ってくださった野村(佐紀子)さんも女性でした。なにより荒井さんが一番優しかったです。私に伝えたいことを、伝えられなくて、佑さんに伝言してくることもありましたが(笑)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング