「READING HIGH」新作は大塚明夫、中村悠一、梅原裕一郎、蒼井翔太ら出演の幽霊船ストーリー

映画.com / 2019年9月22日 7時0分

写真

新作公演「El Galleon~エルガレオン~」 の詳細発表 (C)READING HIGH

 [映画.com ニュース] ソニーミュージックエンタテインメントが劇作家で舞台演出家の藤沢文翁と立ち上げた、3.5次元音楽朗読劇ブランド「READING HIGH」の新作公演「El Galleon~エルガレオン~」の詳細が発表された。大塚明夫、中村悠一、梅原裕一郎、鳥海浩輔、蒼井翔太、高垣彩陽、諏訪部順一が出演し、2020年2月7、8日に東京国際フォーラムホールAで全3公演が上演される(8日が2公演)。

 「READING HIGH」は、声優や俳優の朗読、音楽の生演奏、テクノロジーを駆使した舞台演出などを通して、“3.5次元のエンタテインメント”を目指すプロジェクト。第1弾公演「Homunculus ~ホムンクルス~」が17年12月、第2弾公演「HYPNAGOGIA~ヒプナゴギア~」が18年7月に上演され、19年1月に行われた第3弾公演「hevreNote~シェーヴルノート~」は8000人の観客を動員した。

 新作公演「El Galleon~エルガレオン~」は、19世紀初頭、ナポレオン戦争真っただ中の夜の海に幽霊船が現れ、海賊時代の亡霊たちがよみがえるというストーリー。原作・脚本・演出の藤沢は、「海の上を永遠に彷徨(さまよ)い続ける幽霊船の伝説は世界各地にあり、その中で最も有名な伝承は『フライング・ダッチマン』という、アフリカ大陸南端近くの喜望峰近海で呪いを受けて彷徨い続ける船長の物語で、ワーグナーのオペラ『さまよえるオランダ人』のモデルにもなっています。今回は、そこに海賊黄金時代の海賊たちを登場させ、全く新しい解釈でお届けする藤沢文翁、完全オリジナルの幽霊船ストーリーです」と説明している。

 チケットは、プレミアムシートが1万8500円(前方席/プレゼント付)、SS席が1万2500円、S席が1万円、A席が8500円。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング