少年の“反抗期”が人類の脅威に… ジェームズ・ガン製作「ブライトバーン」本予告

映画.com / 2019年10月11日 8時0分

写真

少年を怒らせると、死ぬ (C)The H Collective

 [映画.com ニュース] 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督がプロデュースを務めた「ブライトバーン 恐怖の拡散者」の本予告が公開された。12歳の少年ブランドン(ジャクソン・A・ダン)が、悪へと覚醒していくさまが収められている。

 母親になる夢を抱いているものの、なかなか子どもができずに悩んでいたトーリ(エリザベス・バンクス)のもとに、ある時、謎めいた赤ちゃんがやってくる。赤ちゃんはブランドンと名づけられ、聡明で才能にあふれ、好奇心旺盛な子どもへと成長。トーリと夫カイル(デビッド・デンマン)にとっても、かけがえのない存在になっていく。しかし、12歳になったブランドンは異常な力を発揮し始め、カンザス州ブライトバーンを恐怖に陥れていく。

 脚本は、ジェームズ・ガンのいとこのマーク・ガンと、ジェームズの弟ブライアン・ガンが手掛け、「インバージョン 転移」のデビッド・ヤロベスキーがメガホンをとった。

 本予告は、ブランドンが12歳の誕生日を家族に祝われるシーンから始まる。プレゼントされたライフルを取り上げられると、ブランドンの様子は一変。怒りを爆発させ激しく机を叩くと、周囲の液晶画面が暗転する。

 その後も、反抗期の始まりと共に、ブランドンの持つ“普通ではない力”が明らかになっていくが、愛する息子を信じるトーリとカイルの葛藤も描かれる。映像の最後には、不気味なマスクにマントを身につけたブランドンが、女性に容赦なく怒りをぶつけていく衝撃の展開も映し出される。

 「ブライトバーン 恐怖の拡散者」は11月15日から全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング