米俳優ロバート・フォスターさん死去 「ジャッキー・ブラウン」など100本を超える出演作

映画.com / 2019年10月17日 19時0分

写真

ロバート・フォスターさん Photo by JB Lacroix/WireImage

 [映画.com ニュース]100本を超える出演作で印象的な演技を残してきた米俳優のロバート・フォスターさんが10月11日(現地時間)、脳腫瘍のため米ロサンゼルスの自宅で死去した。78歳だった。バラエティほか複数の米メディアが報じている。

 米ニューヨーク州ロチェスター出身。大学卒業後、ブロードウェイの舞台で俳優としてのキャリアをスタートさせ、1967年に「禁じられた情事の森」で映画デビュー。70~80年代はテレビ映画やB級映画などへの出演が続いたが、97年、クエンティン・タランティーノ監督の「ジャッキー・ブラウン」で、タランティーノ監督自らフォスターさんのために当て書きしたというマックス・チェリー役を演じ、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたのを機に再び脚光を浴びるようになる。

 2000年代に入ってからは、ジム・キャリー主演のコメディ「ふたりの男とひとりの女」(00)、デビッド・リンチ監督のノワール調ミステリー「マルホランド・ドライブ」(01)、「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」(03)、「ファイヤーウォール」(06)、全米俳優組合(SAG)賞の映画部門キャスト賞にノミネートされた「ファミリー・ツリー」(11)、「エンド・オブ・ホワイトハウス」(13)など、幅広いジャンルの映画に出演するかたわら、「デスパレートな妻たち」「HEROES /ヒーローズ」「CSI:ニューヨーク」といった米人気テレビドラマの数々にゲスト出演。25年ぶりの復活で話題を呼んだ「ツイン・ピークス リミテッド・イベント・シリーズ」(17)では、カイル・マクラクランらオリジナルキャストとともに、フランク・トルーマン役でカムバックを果たしている。

 出演最新作となる大ヒットドラマ「ブレイキング・バッド」の映画版「エルカミーノ:ブレイキング・バッド THE MOVIE」は、奇しくもフォスターさんが亡くなった11日、Netflixで世界配信ならびに全米で劇場公開された。ちなみに、スティーブン・スピルバーグ制作総指揮による、米アップルの新定額制映像配信サービス「Apple TV+」向けオムニバスドラマ「アメージング・ストーリーズ(原題)」にも出演が決まっていたが、亡くなる前に撮影を終えていたかどうかは現時点でわかっていない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング