第32回東京国際映画祭開幕!山田洋次監督、吉岡秀隆、後藤久美子ら「男はつらいよ」チームに熱い声援

映画.com / 2019年10月28日 19時39分

写真

オープニング上映作品は「男はつらいよ お帰り 寅さん」

 [映画.com ニュース]第32回東京国際映画祭が10月28日、東京・六本木ヒルズで開幕した。約400人のゲストがレッドカーペットに結集したが、最も大きな歓声を浴びたのは、オープニング上映作品「男はつらいよ お帰り 寅さん」の面々。メガホンをとった山田洋次監督はもちろん、百戦錬磨の経験を誇るキャスト陣が満面の笑みでファンサービスに努めた。

 「男はつらいよ」のスクリーンを彩ってきた吉岡秀隆、倍賞千恵子、後藤久美子が熱心にサイン、握手、写真撮影に応える。率先してサインをして回った山田監督は、「予想していなかったなあ、こんなに大勢集まってくれるなんてねえ。みんな、サイン、サインって言ってくれてねえ。夢にも思っていなかったよ。本当に良かった」と穏やかな口調で、ファンとの触れ合いを述懐。これから上映を迎えるが、「緊張しているよ。胸がドキドキしているよ。うまくいくといいなあ」と胸中を明かした。

 映画祭のフェスティバル・ミューズを務める広瀬アリスは、爽やかな笑顔をたたえながら登場。レッドカーペットでのファンサービスを終えると、「この映画祭に参加するのは3年連続なのですが、今回もすごく温かく迎えてくださいました。映画が大好きな方が集まっていて、素敵な場所だなあって改めて思いました」と振り返る。一方、昨年の同映画祭でアンバサダーだった松岡茉優は、出演作「ひとよ」を携えて共演の佐藤健、鈴木亮平、白石和彌監督とともに出席。「去年は映画祭を盛り上げる立場でしたが、今回は映画を呼んで頂いて、別の喜びがあります。私は東京出身なので、この映画祭への思い入れが強い。今後もどんな形でも関わっていけたらと思います」と思いの丈を明かした。

 「国際交流基金アジアセンター presents CROSSCUT ASIA #06 ファンタスティック!東南アジア」で上映される「フォークロア TATAMI」で初めてホラー映画のメガホンをとった斎藤工(齋藤工名義)は、「この作品は役者さんたちの力によるもので、僕は監督らしいことは何もしていません。先輩たちが作品を国際映画祭へと導いてくれました」と真摯な面持ち。同作に主演した北村一輝は、「20年くらい前から、彼が監督をやりたいということを誰よりも早く知っていた。俳優をやったあとからでも出来るんじゃないか?と言ったんですが、こうして一緒に仕事ができて嬉しいし、素晴らしいことですよね」と感慨に浸った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング