ポン・ジュノ監督作「パラサイト」貧乏家族&裕福家族たちを紹介します! 特別映像2種公開

映画.com / 2019年12月9日 10時0分

写真

物語は予想できない展開へ (C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

 [映画.com ニュース] 第72回カンヌ国際映画祭の最高賞となるパルムドールに輝いたポン・ジュノ監督作「パラサイト 半地下の家族」の特別映像2本が公開された。劇中に登場する2つの家族にスポットを当てている。

 本作は、カンヌ国際映画祭で、審査員満場一致の決定で韓国映画史上初となるパルムドールを獲得。韓国では動員1000万人突破、フランスでは160万人を超え、全米では今年公開された外国映画の興行収入第1位に。各国で爆発的な盛り上がりをみせている。

 1本目の映像は、全員失業中のキム一家の長男ギウ(チェ・ウシク)が、貧しいながらも仲の良い家族を紹介していく。一家の大黒柱だが事業に何度も失敗している父ギテク(ソン・ガンホ)、ハンマー投げのメダリストという経歴を持つ母チュンスク(チャン・ヘジン)、裕福なパク一家で家庭教師を務めるギウ自身、そして兄のある計画を手助けする妹ギジョン(パク・ソダム)が映し出され、最後にギウが「さて、我が家の固定収入は?」と投げかける。

 2本目は、豪邸に住むパク一家に関する映像。時折英語を織り交ぜるヨンギョ(チョ・ヨジョン)が、自ら「愛があふれる」と語る家族を紹介していき、グローバルIT企業のCEOを務める夫ドンイク(イ・ソンギュン)、高校生の長女ダヘ(チョン・ジソ)、長男ダソン(チョン・ヒョンジュン)の姿が収められている。映像の最後には、ヨンギョからダソンの美術教師を探していると持ち掛けられたギウが、「頭に浮かんだ人がいる」と提案する意味深な場面も。

 ギウがきっかけで貧しいキム一家と裕福なパク一家が出会い、劇中ではその後、想像を遥かに超える悲喜劇が展開する。

 「パラサイト 半地下の家族」は12月27日からTOHOシネマズ日比谷、TOHOシネマズ梅田にて先行公開。20年1月10日から全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング