安藤雅司「鹿の王」でアニメファン待望の初監督!20年9月18日に公開

映画.com / 2019年12月10日 15時0分

写真

 [映画.com ニュース] 「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「君の名は。」の作画監督・安藤雅司が、上橋菜穂子氏のファンタジー小説を劇場アニメ化する「鹿の王」で初監督に挑んでいることが明らかになった。また、同作が2020年9月18日に全国で公開されることも配給の東宝が発表した。

 安藤監督は、日本大学芸術学部在学中にスタジオジブリを受験し合格、「紅の豚」では原画を担っている。25歳の若さで興行収入193億円を記録した「もののけ姫」の作画監督に抜擢され、その後も「千と千尋の神隠し」(興収308億円)、「君の名は。」(同250.3億円)と、邦画の歴代興収4作品のうち3作品の作画監督を務めてきた。アニメファンにとっては待望といえる初監督作「鹿の王」では、キャラクターデザイン、作画監督も兼ねる。

 そして「千と千尋の神隠し」では監督助手、「伏 鉄砲娘の捕物帳」で映画初監督を務めた宮地昌幸が共同監督として共闘する。さらに、「ハイキュー!!」シリーズや「僕だけがいない街」など多くの話題作を手がけてきた岸本卓が脚本を執筆している。

 同作のアニメーション制作は、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」「PSYCHO-PASS サイコパス」などで知られ、同じく上橋氏原作のテレビアニメ「精霊の守り人」も手がけたProduction I.Gが担当。14年に発表された原作は、15年度本屋大賞や第4回日本医療小説大賞を受賞し、シリーズ累計190万部を超える人気作品。強大な帝国が支配する世界を舞台に、謎の病から生き延びて旅を続ける血の繋がらない“父と娘”、その病の治療法を探して奔走する医術師らが過酷な運命に立ち向かう姿を描く。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング