「パラサイト 半地下の家族」チェ・ウシク×パク・ソダム、ポン・ジュノ監督は「バスのドライバーのようだった」

映画.com / 2019年12月23日 10時0分

写真

貧乏一家の長男キム・ギウ(チェ:右)と長女キム・ギジョン(パク:左) (C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

 [映画.com ニュース] 「グエムル 漢江の怪物」「母なる証明」のポン・ジュノ監督が、ソン・ガンホと4度目のタッグを組んだ「パラサイト 半地下の家族」。第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画初となるパルムドールに輝いた本作では、“貧乏一家”の子どもたちに扮したチェ・ウシクとパク・ソダムの好演も見逃してはならない。そんな“若き才能”たちが、ニューヨークの「The Whitby Hotel」で単独インタビューに応じてくれた。(取材・文/細木信宏 Nobuhiro Hosoki)

 全員失業中、“半地下”住宅で暮らす貧しいキム一家の長男が、IT企業を経営する超裕福なパク一家の家庭教師になったことから、想像を遥かに超える悲喜劇が展開。主演を務めるソンは貧しい一家の大黒柱キム・ギテク役、チャン・ヘジン(「わたしたち」)は妻キム・チュンスク役、チェは長男のキム・ギウ役、パクは長女のキム・ギジョン役として出演している。劇中で描かれるキム一家の“やり取り”は、非常に自然でリアルなもの。事前にリハーサルを行っていたのだろうか。

 「撮影中、僕ら俳優陣は意図的にひとつの部屋にこもり、絆を深めていきました。4人は一緒のホテルに滞在し、皆で何度か飲みに行ったこともありました。家族の触れ合いを無理に作り上げようとはせずに、自然な形でその雰囲気が出来上がっていったんです」(チェ)、「私たちは撮影中、全てのことを共に行い、一緒の時間を過ごしていたから、家族関係を“強制的に作った”という感じがしなかったんです。撮影が終了するまで、家族という意識が自然と保てました」(パク)と振り返る。本作のプロモーションで集まる際には、今でもソンのことを「パパ」と呼んでいるそうだ。

 これまで数々のジャンル映画に挑戦してきたポン監督。「パラサイト 半地下の家族」は、その“集大成”ともいえるほど、各ジャンルの要素が詰め込まれている作品と言えるだろう。ポン監督の演出は、何が魅力的なのだろうか。

 チェ「(本作には)確かに様々なジャンルの要素が含まれています。でも、ホラー、あるいはスリラーの要素があるからといって、(俳優陣は)意識的に怖がったり、ワクワクしていたわけではなく、あくまで現場を楽しんで演じていた気がします。それは、監督がコメディだからといって“コメディの要素を意識した演出”に限定したくなかったからだと思います。俳優陣は常時素のまま。監督は、バスのドライバーのようだった。道から外れないように、コーナーをしっかり曲がっていました(=僕らを演出していた)」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング