【今見てほしい】名作シリーズにアニメも…“気が滅入る状況”を忘れさせてくれる映画

映画.com / 2020年4月10日 13時30分

写真

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 写真:Album/アフロ

 [映画.com ニュース] 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、映画館の上映自粛や公開延期が相次ぎ、さらには気軽に外出することもできず嘆いている方も多いのではないでしょうか。そこで、映画.comのTwitterでは「気が滅入る状況を忘れさせてくれる映画」を募集。Netflix、Amazon Prime Videoで配信済みの作品もあるので、今の気分をガラリと変えたいとき、自宅で時間を持て余したときなどに参考にしてください!

■「きっと、うまくいく」

 インドで大ヒットしたコメディドラマ。エリート理系大学を舞台に、型破りな自由人のランチョー、機械よりも動物が大好きなファラン、なんでも神頼みの苦学生ラジューの3人が引き起こす騒動を描きながら、行方不明になったランチョーを探す10年後の物語が同時進行で展開する。

 「笑って泣いて爽やかな気持ちになれる」という理由でおすすめしてくれる方が多かった作品です。前向きなタイトル、170分という上映時間も今にぴったり。インド映画ではそのほか、「バジュランギおじさんと、小さな迷子」「バーフバリ 伝説誕生」「バーフバリ 王の凱旋」「ロボット」も人気でした。

■「かもめ食堂」

 フィンランドの首都ヘルシンキの街角でオープンした小さな食堂を舞台に、3人の日本人女性が繰り広げる穏やかな日常を綴ったドラマ。

 登場人物たちのゆるいやり取りと、ヘルシンキの景色に癒されます。シンプルだからこそより美味しそうに見える料理の数々にも注目してください。

■「映画 クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡」

 世界征服の鍵を握る不思議なタマをめぐるオカマ3兄弟とホステス軍団の争いに、しんちゃんたちが巻き込まれて大騒ぎをする。

 「映画 クレヨンしんちゃん」といえば、「映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」「映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」が泣ける作品として有名ですが、ただただ笑えて子どもと一緒に楽しめる本作もいいですよね。ユーザーからは「今でもたま~に見返して笑い転げてます。頭空っぽで見れるのでおススメです」というコメントが届きました。

■「コマンドー」

 「ターミネーター」のアーノルド・シュワルツェネッガーが主演し、誘拐された愛娘を救うため悪に立ち向かう元特殊部隊員の戦いを描く。迫力あるアクションはもちろん、今も根強いファンを持つ吹き替え版はクセになる面白さです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング