「ダークナイト」IMAX&4D版、7月10日から緊急公開!「TENET」プロローグ映像も再上映

映画.com / 2020年6月24日 8時0分

写真

クリストファー・ノーラン新作「TENET テネット」公開を記念して上映が実現! (C)2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. (C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

 [映画.com ニュース] クリストファー・ノーラン監督作「ダークナイト」のIMAX&4D版が、7月10日から緊急公開されることが決定。4D上映は、今回が初の試みとなる。

 「ダークナイト」は、2008年公開当時、米興行収入歴代2位を記録。世界で10億ドルを稼ぐ大ヒットを記録し、米映画批評サイト「Rotten tomatoes」では94%のハイスコアをマーク。第81回アカデミー賞では、8部門にノミネートされ、助演男優賞(ヒース・レジャー)&音響編集賞を獲得。しかし、作品賞にノミネートされなかったことが大きな議論となり、翌年のアカデミー賞から作品賞候補作が5本から10本へと変更になるなど、コミック原作映画の歴史を塗り替えた。今回の上映は、ノーラン監督の最新作「TENET テネット」の公開(9月18日)を記念したものとなっている。

 約26分間のIMAXカメラ撮影パートは、全編で6シークエンス。冒頭からド迫力のスケールとバイオレンスで展開される銀行襲撃シーンを含む4シークエンスが、ジョーカーの描写に割かれている。公開当時、IMAXカメラは世界でたった4台のみ。そのうちの貴重な1台は、ジョーカーとSWATの追跡シーンにおいて、リアリティを追求するあまり“破壊”されている。この衝撃的なエピソードは、ファンの間では広く知られた逸話だ。

 今回は、従来のIMAXデジタル上映に加え「レーザー対応劇場」では高解像度映像、「IMAXレーザー/GTテクノロジー対応劇場」ではIMAXカメラ撮影パートを最大1.43:1の画角にまで拡張。さらに、IMAX版本編の前には、19年末に話題を呼んだ「TENET テネット」のプロローグ(約6分)が上映される。

 「ダークナイト」のIMAX&4D版は、7月10日から全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング