池松壮亮×石井裕也監督最新作はオール韓国ロケ「アジアの天使」21年公開 オダギリジョー&チェ・ヒソも参加

映画.com / 2020年7月9日 4時0分

写真

石井裕也監督、池松壮亮が韓国初進出

 [映画.com ニュース]石井裕也監督と池松壮亮が韓国のキャスト、スタッフとともにオール韓国ロケを敢行した映画「アジアの天使」が2021年に公開されることがわかった。石井監督と池松が韓国への初進出を果たした本作には、オダギリジョー、「金子文子と朴烈(パクヨル)」で知られる実力派女優チェ・ヒソが参加している。

 第92回アカデミー賞作品賞に輝いたポン・ジュノ監督の「パラサイト 半地下の家族」など、そのクオリティの高さで世界中の注目を集めている韓国映画。「舟を編む」で第37回日本アカデミー賞の最優秀監督賞を史上最年少で受賞した石井監督が、そんな良作を次々と生み出す韓国を拠点に、95%以上のキャスト、スタッフが韓国チームという環境での映画製作に取り組んだ。自身の考えややり方が通用しない困難もある中で、3年をかけて創出したのは、それぞれ心に傷を持つ日本と韓国の家族がソウルで出会い、新しい家族の形を模索する人間ドラマ。2つの国のリアリティを描きながら、映画が持つ自由な可能性に真っ向から挑んだ。

 「元々異国の地で映画を作ることに興味はあった。自分の経験値や感覚が通用しなくなった時に果たしてどんな新しい発見があるのか、そのことに大いに興味があったからだ。それに、映画とは本来途方もなく自由なもののはずで、狭い世界など軽々と飛び越えていけるもののはずだ。そういう映画の可能性に期待もしていた」と語る石井監督。2014年の釜山国際映画祭に審査員として参加した際に出会ったパク・ジョンボム監督と意気投合し、それ以来韓国が自分にとって「外国のひとつ」ではなく、「とても大切な友達が住んでいる国」に変わったという。「そのときに、映画を撮れると確信した。韓国という国の全容はもちろん外国人である僕には分からないが、友達の心の痛みを想像することができるなら映画も撮れると、直感的に思った」と決意を明かす。

 物語は、病気で妻を亡くした青木剛(池松)が、8歳のひとり息子・学とともに逃げるように日本を去り、疎遠になっていた兄(オダギリ)が住むソウルに渡ることから始まる。兄は「韓国で仕事がある」と話していたが、実際はその日暮らしの貧しい生活で、想像していたものとは違った。剛はほとんど韓国語も話せないなか、怪しい化粧品の輸入販売を手伝う羽目に。一方、タレント活動を行っているが、市場のステージで歌う仕事しか与えられないチェ・ソル(チェ・ヒソ)は、所属事務所の社長と関係を持ちながら、うまくいかない仕事や兄妹との関係に頭を悩ませていた。やがて、どん底に落ちた2つの家族が運命をともにし、ある奇跡が訪れる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング