ドキュメンタリー「僕は猟師になった」 池松壮亮が猟師・千松信也の人生哲学に迫る

映画.com / 2020年8月23日 19時0分

写真

 わな猟師・千松信也に密着し、2018年にNHKで放送された「ノーナレ けもの道 京都いのちの森」の製作陣が、300日追加取材した約2年間の映像に池松壮亮のナレーションを加え、劇場版作品として再構成したドキュメンタリー「僕は猟師になった」が公開された。自ら獣を仕留め、自然と命と向き合う千松と、俳優として国内外で活躍の幅を広げる池松。今年6月、2人が初めて対面し、時に池松が聞き手となり、千松の人生哲学に迫った。

 完成作を鑑賞し、「千松さんの生き方、そして今の自分のこと、自分がたどってきた人生のことを考えました」と池松。「千松さんの謙虚な生き方。人間に対してどれだけ考えていてもフェアであることは難しいのに、フェアではない動物とフェアであろうとすること。その姿勢に感動しました」と感想を語る。そして、「既に素晴らしいドキュメンタリー作品として完成していたので、別にナレーションを入れなくてもいいんじゃないかとすら思いましたが、極限まで削られた原稿をいただいたので、自分も何かの力になれればいいなと」と、今作参加の経緯を説明し「ナレーションではアマチュアですが、俳優として千松さんの考え方、生き方を見てくれる人たちと共有すること。僕のできる範囲での意思表示はそれだけです」と自らのスタンスを明らかにする。

 動物好きで、青年期は獣医を目指した千松。動物愛護やベジタリアンという方向ではなく、敢えて猟師という道を選んだ理由をこう語る。「動物の命を助ける側から殺す側に……180度変わったなんて言われますが、僕の中では180度ではなく360度回って、同じ方向の違う世界に行っただけです。もちろん子供のころから動物好きで、動物とかかわって生きていきたかった。ただ、僕の育った場所には山はなく、猟師という選択肢に現実味もないので獣医を目指しましたが、向いていないとわかったんです」

 「そして大学を出て、狩猟をするようになりました。猟を始める前か後かは記憶があいまいなのですが、僕は、誰かがその命を奪った動物を食べることだけをやっているということに気づいたんです。これだけ動物が好きだと言っているのに、肝心の肉を食べるときに、動物と向き合っていないと。だから、自分自身の手で捕まえるところから命を奪うところまでやる、ということが猟を通して初めてできるようになりました。もちろん、始めたころは命を奪うことにストレスもありましたが、同時にようやく動物と向き合えた感覚があって、楽になった。自分の生き方の中で、後ろめたさを感じていた部分がなくなったのです。もちろん動物を殺めて獲るということを100パーセント素晴らしいことだと信じて、皆に勧めたいと思っているわけではありません。僕自身も葛藤しながら続けています」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング