【中国映画コラム】「半沢直樹」「坂の途中の家」「ポルノグラファー」日本発ドラマに秘められた世界進出の可能性

映画.com / 2020年8月29日 11時0分

写真

「bilibili world 2019」に出席した竹財輝之助

 [映画.com ニュース] 北米と肩を並べるほどの産業規模となった中国映画市場。注目作が公開されるたび、驚天動地の興行収入をたたき出していますが、皆さんはその実態をしっかりと把握しているでしょうか? 中国最大のSNS「微博(ウェイボー)」のフォロワー数278万人を有する映画ジャーナリスト・徐昊辰(じょ・こうしん)さんに、同市場の“リアル”を聞いていきます!

 当コラムの第19回「なぜ『リトル・フォレスト』が大人気なのか?“TOP250”から読み解く、中国でウケる映画の傾向」では、ソーシャル・カルチャー・サイト「Douban」のデータベースに基づいて、中国の観客が好きな映画の傾向を分析しました。興味深い内容となっているので、是非ご一読ください。実はもう少し「Douban」の事を書きたくてですね……。今回は、中国人が好きな日本ドラマをテーマに語らさせていただきます!

 平成の民放テレビドラマ史上第1位の視聴率を記録した「半沢直樹」(2013版)から7年――コロナ禍によって3カ月の放送延期となった2020年版が、7月19日からスタートし、日本国内で圧倒的な支持を集めています。同シリーズは、海外でも超人気作品。「Douban」では、13年版に対して「約20万人が“見た”」をチェックし、点数も9.2という高得点。中国本土のほか、台湾、香港、韓国、東南アジア諸国、アメリカでも注目されていました。

 20年版の制作が発表された際、中国での反響は非常に大きいものでした。「ずっと待っていた!」「13年版が素晴らしすぎて、永遠に忘れられない」「13年版のおかげで、私は日本語を勉強し始めた。今は字幕なしでも見ることができる」といった投稿が確認できます。20年版に対する評価は、日本と同様に高く、「Douban」の点数は前作超えの9.4に。中国の人気国産ドラマに負けないほど、幅広く支持されているんです。

 では、中国では「半沢直樹」を何で見るのか? 実は、かなりややこしいことになっています。近年の中国では、配信プラットフォームの登場によって、海賊版を巡る状況がある程度改善され、正式にライセンス契約を結ぶ海外作品が増えています。ですが、中国政府の規則によれば、海外ドラマは「本国との同時配信・放送はNG」。噂では「半沢直樹」の20年版は、既に中国でのライセンス契約を決めたそうです。でも、今の段階では配信・放送はできない。結局、多くの人々が海賊版で視聴してしまっているというのが現状です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング