「E.T.」「プラダを着た悪魔」「DESTINY 鎌倉ものがたり」 金曜ロードSHOW!で10月放送

映画.com / 2020年9月4日 4時0分

写真

「DESTINY 鎌倉ものがたり」 (C)2017「DESTINY 鎌倉ものがたり」製作委員会

 [映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督の感動作「E.T.」と、アン・ハサウェイが主演した「プラダを着た悪魔」が、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」の視聴者リクエスト企画第3弾として、それぞれ10月2日と16日に放送されることがわかった。9月25日には、堺雅人と高畑充希が共演した「DESTINY 鎌倉ものがたり」も放送される。

 「金曜ロードSHOW!」が、公式HP(https://kinro.ntv.co.jp/)で“今見たい、多くの人に見せたい”映画を募集したリクエスト企画。多くの支持を受け選出された「E.T.」は、10歳の孤独な少年エリオットと、300万光年の彼方からやってきた宇宙人の不思議な友情物語。1982年の公開当時は「スター・ウォーズ」を抜き、史上最高の配給収入を更新した。劇中ではハロウィンが描かれるため、まさに今の時期ぴったりの作品と言える。

 視聴者からは、「小学生の頃、初めて家族全員で映画館に見に行った思い出の映画。ドキドキ、ワクワク、シクシク、ニコニコ。家族皆で沢山の感情を抱ける映画を見て、どこにも行けない我が家に楽しく乗り切る力を与えてほしいです」「E.T.が信じることの大切さを教えてくれるから。たとえ相手が宇宙人でも心を通じ合わせることができ、絆を作ることができる。『友情』とは何かを教えてくれた」など、様々なコメントが寄せられた。

 続く「プラダを着た悪魔」は、ニューヨークの一流ファッション界を舞台にした、大ヒットサクセスストーリー。ハサウェイが恋と仕事に奮闘するジャーナリスト志望の主人公アンディ、メリル・ストリープが世界的ファッション誌のカリスマ編集長ミランダを演じた。10年に制作された、小林沙苗&夏木マリが声優を務める日本語吹き替え版が放送される。

 「アン・ハサウェイがかわいいのとメリル・ストリープの素晴らしさが際立っていい映画。全てが完璧で何度でも見たいです」「とにかく出てくる衣装も街も人もおしゃれ……女性の強さとかっこよさを教えてくれた作品の1つです。主人公のアン・ハサウェイの成長する姿に感動します。とにかく大好きです!!」など、多くのリクエストが集まった。

 そして「DESTINY 鎌倉ものがたり」は、VFX界の第一人者である山崎貴監督が人気コミックスを実写映画化した、時空を超えたファンタジー超大作。物語の舞台は、人間と魔物たちが仲良く暮らす不思議な街・鎌倉。妖怪や幽霊が関わる数々の怪事件に巻きこまれながらも、幸せな日々を送る新婚夫婦に、ある不測の事態が訪れる。やがて夫は、死後の世界に旅立ってしまった妻を連れ戻しに、ひとり黄泉の国へと向かう。堤真一、田中泯、國村隼、薬師丸ひろ子、三浦友和、ムロツヨシ、安藤サクラ、中村玉緒、市川実日子、要潤、大倉孝二ら豪華キャスト陣が顔をそろえた。

 「DESTINY 鎌倉ものがたり」は9月25日(午後9時~11時24分、放送枠30分拡大)、「E.T.」は10月2日、「プラダを着た悪魔」は10月16日に「金曜ロードSHOW!」で放送。なお、本日9月4日の午後9時より実写映画「君の膵臓をたべたい(2017)」、11日に「名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵」、18日に「名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件 史上最悪の二日間」がラインナップされている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング