ヒッチコック狂の“完全犯罪”とフランスで議論を巻き起こした裁判サスペンス「私は確信する」2月公開

映画.com / 2020年10月20日 10時0分

写真

フランスで実際に起こった“ヴィギエ事件”を映画化 (C)Delante Productions - Photo Severine BRIGEOT

 ヒッチコック狂による“完全犯罪”とメディアや世間を騒がせた、フランスで実際に起こった“ヴィギエ事件”を映画化し、40万人を動員した裁判サスペンス「Une intime conviction」が、「私は確信する」の邦題で2021年2月12日公開される。

 2000年2月、スザンヌ・ヴィギエは3人の子供たちを残して忽然と姿を消した。殺害されたと思われる数々の証言や疑惑によって、夫である大学教授のジャックが容疑者として裁判にかけられる。彼の無実を確信するシングルマザーのノラは、敏腕弁護士デュポン=モレッティに事件の弁護を懇願。そして自らアシスタントとなり、真実を探す。刑事、ベビーシッター、スザンヌの愛人らの食い違う証言。嘘をついているのは果たして誰なのか。裁判と事件の調査が同時進行で描かれ、映像と音を効果的に使った演出で、スリリングかつ緊迫感溢れる物語が展開する。

 フランスを代表する実力派の役者陣が、正義を追い求める姿を見事に熱演。実在の敏腕弁護士デュポン=モレッティに、ダルデンヌ兄弟の「息子のまなざし」などで知られるフランスの名優オリビエ・グルメ。ヒロインのノラ役には、フランスではコメディエンヌとしても人気の高い演技派マリーナ・フォイスが共演。

 「私は確信する」2021年2月12日から、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング