「ドクター・ストレンジ2」に14歳の新星ソチル・ゴメスが参加

映画.com / 2020年10月23日 16時0分

写真

ソチル・ゴメス Photo by Matt Winkelmeyer/Getty Images

 ベネディクト・カンバーバッチ主演の大ヒットマーベル映画「ドクター・ストレンジ」の続編「ドクター・ストレンジ2(仮題)」に、Netflixオリジナルシリーズ「ベビー・シッターズ・クラブ」で注目を集めるソチル・ゴメスが出演することがわかった。米Deadlineが独占で報じている。

 当初は前作に続き、スコット・デリクソンが共同脚本と監督を務める予定だったものの、クリエイティブ面での相違から監督降板を表明。代わって「スパイダーマン」3部作を手がけたサム・ライミ監督にメガホンが託された。主演のカンバーバッチ以下、ウォン役のベネディクト・ウォンとモルド役のキウェテル・イジョフォーの続投が決定している。

 また、同作のストーリーが、Disney+で12月に配信スタートするマーベル新ドラマ「ワンダヴィジョン(原題)」に深く関わってくる内容であることから、マーベル・スタジオは現在、同ドラマにスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフ役で主演するエリザベス・オルセンに、出演交渉を行なっているという。

 今回新たに起用されたゴメスの役どころも含めて、ストーリーやそのほかのキャストなどの詳細については現時点でまだ明かされていない。トム・ホランド主演のシリーズ第3弾「スパイダーマン3(仮題)」にドクター・ストレンジ役でゲスト出演を果たすカンバーバッチが、出演シーンをすべて撮り終わるのを待ちつつ、来年5月のクランクインを目指しているとのことだ。

 カナダ出身のゴメスは、子役として数多くの短編映画やテレビドラマに出演。アン・M・マーティンによるベストセラー小説を原作に、自分たちで始めたベビー・シッター業に奮闘するイマドキの女の子5人組の姿を描くNetflixオリジナルシリーズ「ベビー・シッターズ・クラブ」ではメインキャストのひとりとして瑞々しい演技を魅せており、今後の活躍が期待されている。

 「ドクター・ストレンジ2(仮題)」は、2022年3月25日全米公開予定。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング