ドルビーシネマの究極ゲキ×シネ体験をレポート 汗、涙、呼吸…「劇団☆新感線」メンバーの熱演がとにかく濃い!

映画.com / 2020年10月23日 19時0分

写真

 「劇団☆新感線」のゲキ×シネ「偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)」が、10月24日からの全国上映を控えた同21日、東京・丸の内ピカデリーで舞台挨拶と、ドルビーシネマでの特別先行上映を開催した。映画.comは生田斗真、中山優馬、藤原さくらが参加した舞台挨拶の模様とともに、ドルビーシネマでの濃厚なゲキ×シネ体験をレポートする。

 「劇団☆新感線」旗揚げ39周年にあたる2019年、「39サンキュー興行」として大阪、石川・金沢、長野・松本で上演された「偽義経冥界歌」(演出:いのうえひでのり、作:中島かずき)。20年には東京、福岡公演を予定していたものの、新型コロナウイルスにより東京は一部中止、福岡は全公演中止となった。そこで多くの観客に作品を届けるため、同劇団の舞台を映画館のスクリーンで堪能できる「ゲキ×シネ」として映像化。国が源氏と平氏の勢力で二分されていた時代、奥州に源義経が匿われていたという史実と、義経の偽物説をベースに、壮大なスケールの物語が展開する。生田が主人公の偽義経(源九郎義経)、中山がその弟・奥華次郎泰衡(おうがのじろうやすひら)、藤原が大陸渡りの歌うたい・静歌を演じた。

 04年にスタートし、演劇と映画という異なる世界を行き来しながら、様々な表現の形を届けてきたゲキ×シネ。「髏城の七人 アカドクロ」(04)から、「けむりの軍団」(20)まで、その数は22作品にものぼる。まさに変幻自在のゲキ×シネが、ハイクオリティな映像と音響により、作品に没入できる究極のシネマ体験を謳うドルビーシネマで上映されることで、どれほどの進化を遂げたのか。期待に胸を高鳴らせながら、劇場に向かった。

 結論から言わせてもらえれば、ゲキ×シネとドルビーシネマの夢の体験は、「濃厚」の一言に尽きる。まるで本当に劇場にいるかのように、生の芝居の臨場感がバチバチと伝わってきた。「毎日運動会のような、試合のような大変さがある舞台だった」「右から岩が飛んでくるんじゃないか、左から斬られるんじゃないかという音がすごい」(生田)、「斗真くんがずーっと殺陣をやっているんですよ」(中山)という言葉通り、同劇団作品の中でも殺陣のシーンが多いという。刀を奮う音、弓を引く音、拳がぶつかり合う音……耳元で鳴っているかのような迫力、360度様々な方向から聞こえてくる奥行きを備えている。

 アクションシーンだけではない。同劇団の魅力である歌やダンスのパフォーマンスも、ドルビーシネマとの相性が抜群に良い。戦いで死んでいった者たちを弔い、不可思議な現象を引き起こす藤原の歌唱シーンがたっぷりと挿入され、クライマックスでは生田と中山も歌声を披露。ライブ会場さながらに、伸びやかな歌声をハイレベルな音質で堪能することができる。さらに、強烈なキャラクターたちの尖ったビジュアルや衣装、細部まで作りこまれているセットにも注目。鮮明な色彩と幅広いコントラストを表現し、「明るい部分は究極に明るく、暗い部分は究極に暗く」というドルビーシネマのコンセプト通り、ミュージカルシーンのきらびやかな光から、奥華一族の先祖たちが眠る「漆黒の窟(いわや)」の不気味な暗さまで、同劇団の艶やかな作品世界を繊細に映し出している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング