女子高生が時空を越えて絵を学ぶ「おしえて北斎!」ショートアニメ化 制作はコミックス・ウェーブ・フィルム

映画.com / 2020年11月25日 20時0分

写真

雷神と風神を描いたティザービジュアル (C) いわきりなおと/CWF

 「夢をかなえる爆笑!日本美術マンガ おしえて北斎!」(サンマーク出版刊)が、「おしえて北斎!‐THE ANIMATION-」のタイトルで2021年配信に向けて製作中であることが発表された。制作は「天気の子」「Peeping Life」などを手がけるコミックス・ウェーブ・フィルムが担当する。

 同作は、立派な絵師になる夢をもつ女子高生の岡倉てんこりんが、“風神雷神図屏風”の雷神から呼び出された尾形光琳、高橋由一、狩野永徳ら日本美術界のスーパー絵師から、時空を越えて夢をかなえる秘訣を伝授される物語。

 監督は、原作者で日本美術マニアでもある、いわきりなおとが務める。いわきり監督は「見た人がアツい気持ちになる! そんなコンセプトで一生懸命作っております。主人公のダメダメ女子高生のてんこりんを見て、笑って、泣いて、頑張る勇気を少しでももらえるアニメになればと思っています」とコメントを寄せている。

 1話10分、全10話のシリーズとして動画配信サービスで配信予定。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング