小栗旬「日本沈没」に主演! 松山ケンイチ×杏×仲村トオル×香川照之と共闘

映画.com / 2020年11月26日 5時0分

写真

 俳優の小栗旬が、2021年10月期にTBSで放送される日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」に主演することが明らかになった。小栗が同枠のドラマに出演するのは、「獣医ドリトル」以来11年ぶり。また、松山ケンイチ、杏、仲村トオル、香川照之が出演することも発表された。

 「日本沈没」は、1973年に刊行された小松左京氏の不朽の名作。これまでに何度となく映画化、ドラマ化、アニメ化されてきたが、今作では舞台を2023年の東京に置き換え、主人公を含むオリジナルキャラクターが登場するなど大胆なアレンジを加えて制作する。

 小栗は、公開中の映画「罪の声」で主人公の新聞記者・阿久津英士を好演しているほか、来年にはハリウッドデビュー作「ゴジラVSコング(仮題)」の公開が控えている。さらに、三谷幸喜が演出を手掛ける22年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に主演することも決まっており、八面六臂の活躍を続けている。

 今作で息吹を注ぐ主人公の天海啓示は、目的のためには手段を選ばず時には強引な手法で政策を推し進めてきた野心家の環境省官僚。各省庁の次代を担う精鋭たちで構成された“日本未来推進会議”に省を代表して参加するなか、日本地球物理学界の異端児・田所博士の暴論を通し、日本が未曾有の事態へと追い込まれていく運命に巻き込まれていく。

 出演に際し、「『日本沈没』という未だかつてない困難に立ち向かっていく作品です。ただでさえ苦しい環境のなか、この題材は非常に難しいお話ですが、その中でも“希望”と“人間の強さ”を届けられるよう、自分を含めキャスト、スタッフ全力で希望を持って真摯に作品に向かっていきます。今を生きる皆さんへの賛歌になれるような作品にしていきたいと思っておりますので、ぜひご期待ください」とコメントを寄せている。

 また、松山は日本未来推進会議に経産省を代表して参加し、議長を務める常盤紘一に扮する。天海(小栗)とは大学の同期で、互いを認め合っているという役どころだ。小栗とは、「リターンマッチ ~敗者復活戦~」以来17年ぶりの共演。小栗とは初共演となる杏は、週刊誌の女性記者・椎名実梨を演じ、環境省の腐敗を暴こうと取材をするなかで天海と出会う。

 円熟味が増してきた仲村が担うのは、日本未来推進会議を発足した張本人で、誠実さを売りに高い支持率をもつ総理大臣・東山栄一。小栗とは24年前に「ラスト・イニング」で初共演以来、共演を重ねているが、近年では「二つの祖国」で対峙している。そして、原作でも重要な鍵を握る人気キャラクターの田所雄介を演じるのが香川だ。「半沢直樹」での熱演が記憶に新しいが、日曜劇場への出演は11回目。小栗とは、「キサラギ」以来14年ぶりの共演を果たす。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング