【国内映画ランキング】「鬼滅の刃」7週連続V!「STAND BY ME ドラえもん2」は2位キープ、「10万分の1」は4位初登場

映画.com / 2020年12月1日 10時0分

写真

7週連続V! (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 11月28~29日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。今週の動員ランキングは、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(東宝/アニプレックス)が土日2日間で動員71万2000人、興収10億500万円をあげ7週連続で首位を獲得した。3連休だった前週と比べても、動員でマイナス4.8%、興収でわずかマイナス2.7%という驚くべき好調さを保っており、累計では動員2053万人、興収275億円を突破した。注目の歴代興収ランキングでは最終興収262億円を記録した「タイタニック」を抜き、驚異的な速さで歴代2位に浮上。歴代1位「千と千尋の神隠し」の308億円の記録更新に向け、着実に歩みを進めている。

 先週2位でスタートを切った「STAND BY ME ドラえもん2」(東宝)は、土日2日間で動員23万5000人、興収2億9400万円をあげその順位をキープ。累計では動員88万人、興収11億円を突破した。続く3位にも先週同様「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」(ワーナー)がランクイン。1位から3位までは先週と全く同じ結果となっている。

 4位には新作「10万分の1」(ポニーキャニオン/関西テレビ)が初登場。宮坂香帆氏による人気少女コミックを「貴族降臨 PRINCE OF LEGEND」の白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE/EXILE)と、「honey」の平祐奈の主演で実写映画化。10万分の1の確率でしかかからない難病・ALSに侵されながらも、手を取り合って病に立ち向かっていく高校生カップルを描く。監督は「旅猫リポート」「“隠れビッチ”やってました。」の三木康一郎。共演は優希美青、白洲迅、奥田瑛二ほか。

 続映作品は、5位の「罪の声」(東宝)が累計で興収10億円を突破。8位でスタートし、先週5位まで順位を上げてきた「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来」(アニプレックス/チームジョイ)が6位、公開から11週目を迎えた「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」(松竹)は先週から2ランクアップの7位にランクイン。以下8位「魔女見習いをさがして」(東映)、9位「きみの瞳(め)が問いかけている」(ギャガ)、10位「映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日」(東映)となっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング