僕の夢はミス・フランス! 注目の仏ユニセックスモデル主演作、予告&ポスター完成

映画.com / 2021年1月18日 12時0分

写真

(C)2020 ZAZI FILMS - CHAPKA FILMS - FRANCE 2 CINEMA - MARVEL0US PRODUCTIONS

 男性であることを隠し、ミスコンに挑む主人公を描いた「MISS ミス・フランスになりたい!」が2月26日に公開されることが決定し、予告編とポスターがお披露目された。映像には、フランスのユニセックスモデル、アレクサンドル・ベテールが美しく輝く姿がたっぷりとおさめられている。

 9歳の美少年アレックス(ベテール)の将来の夢は、ミス・フランスになること。しかし、両親を事故で失ってから、24歳になってもなお、自分を取り戻せずにいた。ある日、大好きだった幼なじみ・エリアスと偶然再会。彼が努力の末に夢を叶えたことを知り、アレックスは忘れかけていた夢と再び向き合うことを決意する。下宿先の家主で、母のような存在のヨランダ、心優しいドラァグクイーンのローラに支えられながら、男性であることを隠したまま、過酷なミスコンの審査を突破していく。

 予告編では、ウォーキングやテーブルマナーなど、ミス・フランスになるためのハードなレッスンを紹介。あまりの厳しさにアレックスは思わず弱音を吐くが、指導者からは「完璧と普通の違いが分かる? 数ミリよ」「なぜ優勝したいの?」と自らの甘さを指摘され、他の参加者には仲間外れにされてしまう。しかし、ヨランダの「他人に自分の価値を決めさせるな」という言葉をきっかけに、アレックスが自分の殻を破ろうと、懸命に立ち向かっていくさまがみずみずしく映し出されている。「ミス・フランス実行委員会」と提携したことで実現した、厳しい選考のリアリティに満ちた描写や、参加者たちがまとう美しく華やいだ衣装の数々にも注目だ。

 ポスターには、頭にティアラをのせようとするアレックスが切り取られている。ハイヒールや香水、リップなど美しさを際立たせるモチーフもあしらわれた、キュートなビジュアルに仕上がった。

 ドラマ「マーベラス・ミセス・メイゼル」「エミリー、パリへ行く」に出演したベテールが、本作で映画初主演を果たした。米批評家サイト「Rotten Tomatoes」で88%(1月15日時点)のハイスコアを記録したコメディ「The Gilded Cage(英題)」を手掛け、「イヴ・サンローラン」「あしたは最高のはじまり」など俳優としても活躍するルーベン・アウベスが、監督と原案を担当している。

 「MISS ミス・フランスになりたい!」は、2月26日から東京・シネスイッチ銀座ほか全国公開。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング