花江夏樹が41歳のタクシードライバーを演じるコミカルミステリー「オッドタクシー」4月放送決定

映画.com / 2021年1月20日 18時0分

写真

放送開始に先駆けてコミカライズの配信が既に始まっている (C)P.I.C.S. / 小戸川交通パートナーズ

 「鬼滅の刃」の花江夏樹が41歳の中年タクシードライバー役で主演を務めるオリジナルアニメ「オッドタクシー」が、4月からテレビ東京、AT-Xでスタートすることが決定した。キーワードが散りばめられたネオンきらめく夜の繁華街に、動物の姿の登場キャラクターたちが集まったティザービジュアルと、小戸川の声を収録したプロモーションビデオも公開されている。

 同作は、少し偏屈で変わり者の中年タクシードライバー・小戸川が、バズりたくてしかたがない大学生・樺沢、何かを隠した様子の看護師・白川、いまいち売れない芸人コンビ「ホモサピエンス」といった、どこかクセのある客たちを運び、その中でかわす彼らとの何気ない会話がやがて1人の失踪した少女の行方へとつながっていく。

 花江のほか、飯田里穂、木村良平、山口勝平、三森すずこ、斉藤壮馬、黒田崇矢らが出演。「ミキ」「ダイアン」「ガーリィレコード」、たかし(トレンディエンジェル)、村上知子(森三中)といった、吉本興業に所属する芸人たちも多数声優として参加する。

 花江は「何やらおもしろそうなアニメです。僕が演じるタクシードライバーの小戸川は、今まで演じたことのないようなキャラクターなのですが、監督から指名でお話をいただきました。それは何故なのか……? ただ単に動物達がかわいいアニメではなさそうですね。物語が進むにつれていろいろなことがわかっていき、どんどんおもしろくなるので、ぜひ放送を楽しみにしていてください」と語った。

 脚本では、漫画「セトウツミ」や実写作品「ブラック校則」を手がけた此元和津也がアニメ作品に初挑戦し、監督とキャラクターデザインを兼任する木下麦も今作が監督デビュー作となる。音楽はHIPHOPレーベル「SUMMIT」所属のアーティスト・PUNPEE、VaVa、OMSBが担当し、こちらもアニメ作品には初参加。アニメーション制作は、木下監督が所属するP.I.C.S.と「妖怪ウォッチ!」シリーズのOLMが行う。

 なお、放送開始に先駆けてコミカライズの配信が既に始まっている。「ビッグコミックスペリオール」(小学館刊)の電子レーベル「ダルパナ」で連載中。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング