林原めぐみ、アーティストデビュー30周年記念ベストアルバム発売決定 3枚組に書き下ろし新曲も収録

映画.com / 2021年1月24日 8時0分

写真

林原めぐみ

 林原めぐみのアーティストデビュー30周年を記念し、ベストアルバム「林原めぐみ 30th Anniversary Best(仮)」のリリースが決定した。林原の誕生日である3月30日に発売される。

 ベストアルバムはディスク3枚組で、林原の代表楽曲に加え書き下ろし新曲が収録される。初回製造分のみスペシャルケース仕様で、別冊本が封入。価格は3000円(税抜き)。

 4月14日には、テレビアニメ「SHAMAN KING」のオープニング、エンディング主題歌を収録したマキシシングル(タイトル未定)もリリースされる。価格は1200円(税抜き)で、初回製造分のみデジパック仕様。ジャケット裏は、原作者の武井宏之による描き下ろしイラストが飾る。林原は、2001年放送の「シャーマンキング」に引き続き主題歌を担当するほか、恐山アンナ役での出演も決定している。

 林原は1991年に「虹色のSneaker」で、スターチャイルドからアーティストデビュー。当時は珍しかった声優アーティストの草分け的存在として、「スレイヤーズ」シリーズや「セイバーマリオネット」シリーズの主題歌などでスマッシュヒットを飛ばした。各楽曲は林原がパーソナリティを務めるラジオ番組などでも紹介され、アーティストデビューから間もない92年にスタートした「林原めぐみのTokyo Boogie Night」は現在も続く長寿番組となっており、1月31日には放送1500回突破記念の公開録音イベントがオンライン開催される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング