【若林ゆり 舞台.com】波瀾万丈、数多の受難を乗り越えたミュージカル「イリュージョニスト」が見せる、極上の幻惑!

映画.com / 2021年1月29日 11時0分

写真

舞台稽古終了後、挨拶する海宝直人 撮影:岡千里

 オリジナルの作品を作る時は、どんなものでも産みの苦しみがつきものだ。しかし、日英合作ミュージカル「The Illusionist イリュージョニスト」ほど数多の試練にさらされ、数奇な運命を辿った作品も稀だろう。これはスティーブン・ミルハウザーの短編小説「幻影師、アイゼンハイム」(白水uブックス「バーナム博物館」所収)をニール・バーガー監督が脚色、エドワード・ノートン主演で映画化した「幻影師アイゼンハイム」をミュージカルとして生まれ変わらせようという意欲作。梅田芸術劇場が、イギリスでヒットメイカーとして知られる演劇プロデューサー、マイケル・ハリソンと手を組み、約5年をかけて企画・制作にあたってきたオリジナルミュージカルである。イギリスの精鋭スタッフを迎え、2020年の12月から21年1月にかけて、日本で華々しくワールドプレミアの幕が上がる……はずだった。

 ところが20年7月、主演に決まっていた(19年秋に行われたワークショップにも参加していた)三浦春馬さんが急逝。新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、上演決行か中止か、何カ月もかけて協議が重ねられた。そしてようやく11月、主役・アイゼンハイムに、当初皇太子レオポルド役でキャスティングされていた海宝直人が、皇太子役には成河が代役として出演、21年1月後半に上演することが発表となる。ところが稽古も白熱していた12月中旬、今度は出演者・スタッフ複数名が新型コロナウイルスに感染していることが判明し、稽古は中断を余儀なくされた。クリスマスには演出内容を変更し、コンサートバージョンで上演することが決定する。結局、日程は1月27日~29日の3日間と短縮され、緊急事態宣言で客席数も半減。楽しみにしていた多くのミュージカルファンにとって、「The Illusionist イリュージョニスト」はまさに"幻"の公演になってしまったのだ。

 その貴重な公演の公開稽古が、1月26日に行われた。これが、実に素晴らしいものだった。何度も大波を被りながらも航海を止めず、「できうる限りのことをやろう。なんとしても観客に楽しんでもらおう」というスタッフ・キャストの熱意と心意気が、見事に結実した舞台。急ごしらえとは思えないし、コンサートバージョンの領域を遙かに超えている。これがたった3日しか公演できないなんて!

 コンサート形式と言えば、ミュージカルナンバーをキャストが客席に向かって歌い、ナレーションなどでつないだものを想像する人も多いだろう。しかし、この作品は違う。セリフはすべて演じられ、振りやダンスも、豪華な衣裳も早替えもある。舞台奥にはレッドカーテンとオーケストラがあり、舞台中央に、四角い舞台上舞台。ないのはセットだけなのだ。これがかえって面白い効果を生んでいた。なぜなら、セットのない舞台空間に幻惑の作品世界が立ち上がり、見る者の想像力をものすごくかき立ててくれるからだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング