1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

広瀬すず×櫻井翔「ネメシス」に主演! 入江悠ら映画製作陣が本気で挑むオリジナル探偵ドラマ

映画.com / 2021年2月22日 4時0分

写真

 女優の広瀬すずと「嵐」の櫻井翔が、4月クールで放送される日本テレビの日曜ドラマ「ネメシス」に主演することが明らかになった。広瀬にとっては連続テレビ小説「なつぞら」以来、櫻井にとっては「嵐」の活動休止後、初の連続ドラマ出演となる。

 天才すぎる助手とポンコツ探偵が難解な事件を次々と解決していくミステリーエンタテインメントに、一流の映画製作陣が集った。「22年目の告白 私が殺人犯です」「AI崩壊」という骨太な作品を手がけ、全幅の信頼を寄せ合う入江悠監督と北島直明プロデューサーが3度目のタッグを組む。入江監督は総監督という立ち位置で第1、2、3、6、8、9、10話を演出するほか、片岡翔(「きいろいゾウ」)とともに共同で脚本を執筆。それ以外のエピソードは片桐健滋(「きのう何食べた?」)が第4、5話、岸塚祐季(「ホムンクルス」助監督)が第7話を演出する。

 北島氏が企画・プロデュースする「ネメシス」は、1話完結で描かれる全10話の物語。完全オリジナル作品で、気鋭の推理小説家5人がトリックを監修しているという。

 正義の鉄槌で悪を砕くギリシャ女神「ネメシス」の名が付けられた謎多き探偵事務所が舞台。天才的なヒラメキを誇るが無鉄砲なアンナと、ポンコツだが人望が厚い風真が互いを助け合いながら(主にアンナが風真を)、大豪邸で起きた「磯子のドンファン殺人事件」、目撃者が多数いるのに“犯人がいない”「女子高怪奇殺人事件」、証拠も目撃者も何もない「天狗殺人事件」など、超難解なトリックが仕掛けられた難事件に挑む。そんなふたりの目的は、突如失踪したアンナの父親を探すこと。ひとつひとつの事件を解決し、父に繋がるヒントを見つけ出すとするたびに、新たな謎が生まれる。そして、全ての謎を解くカギは、闇に葬られた20年前の“ある事件”にあることを知る……。

 ドラマでは、舞い込む依頼を解決していくうちに、ふたりを助けてくれる力強い仲間が増えていく。エピソードごとに強力な助っ人が登場し、「オーシャンズ11」のようにワクワクするチーム戦を繰り広げていくという。ゲスト陣は後日発表のようだが、その数は総勢75人以上に及ぶようで、今後の展開からも目を離すことができない。

 広瀬と櫻井、入江監督と北島プロデューサーのコメント全文は以下の通り。

■広瀬すず(美神アンナ役)
脚本を初めて読んだときの感想としては、とにかくテンポ感が面白かったです。笑えるとこも多いのに繊細で、ネメシスという家族のようなチームの温かさもあり、ここが居場所になるんだなぁとすぐに思える本でした。
入江組の撮影現場は、ラフな、そして、早い、とてもフラットな現場ですが緊張感もあるような。でも面白い楽しいシーンではスタッフさんが笑ってくれるのがとても印象的で、嬉しいです。
美神アンナを演じるうえで、自分の中に軸はあり、でもそれを感じてるのは私だけでいいかなと思いながら、自由人なアンナを、楽しみながら見てもらえたら嬉しいです。意外とまだ18歳(アンナの年齢)という、不意に出る素直な隠しきれない思いも大切にしたいです!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング