1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

「プロミシング・ヤング・ウーマン」のエメラルド・フェネルがDC映画「ザターナ」の脚本を執筆

映画.com / 2021年4月1日 7時0分

写真

エメラルド・フェネル Photo by Dia Dipasupil/Getty Images

 「プロミシング・ヤング・ウーマン」で米脚本家組合賞オリジナル脚本賞を受賞したエメラルド・フェネルが、DC映画「ザターナ(原題)」の脚本を執筆することがわかった。

 米Deadlineによれば、「ザターナ(原題)」はワーナー・ブラザースとJ・J・エイブラムスの製作会社バッド・ロボットがプロデュースする。フェネルが監督も手がけるかは明らかになっていない。

 主人公の魔術師ザターラとシンデラの娘ザターナは、1964年11月号のDCコミック「ホークマン」に初登場。黒魔術が使えるプロマジシャンで、ジャスティス・リーグのメンバーのひとりとして知られる。CWのドラマ「ヤング・スーパーマン」では、女優セリンダ・スワンが3シーズンにわたってザターナ役を演じた。

 フェネルは自身が書き下ろした脚本をもとに長編初監督を務めた「プロミシング・ヤング・ウーマン」(キャリー・マリガン主演)が、第93回米アカデミー賞で作品賞、脚本賞、監督賞、主演女優賞、編集賞の5部門にノミネートされた。同作は今夏、日本公開の予定。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング