1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」4Kリマスター版がIMAX上映! 9月17日に日米同時公開

映画.com / 2021年8月20日 11時0分

写真

押井守監督

 押井守監督が、士郎正宗のSFコミックをアニメーション映画化した「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」の4Kリマスター版が、IMAX上映にて、9月17日から日米同時公開されることが決定。日本国内の上映館は、全国35館(https://v-storage.bnarts.jp/ghost-in-the-shell/gits-theater/)。なお、同バージョンの通常上映は、10月1日から実施。上映館は、後日発表される。

 1995年に公開されて以来、ビルボード誌の全米セルビデオチャート第1位を獲得するなど、全世界で大ヒットを記録した「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」。ち密な映像で表現された魅力的なヒロイン、躍動するアクション、「人間の本質」を問う普遍的なテーマは、数多くのクリエイターに影響を与えてきた。

 西暦2029年。情報化の進展と同調するように、より高度に凶悪化していく犯罪に対抗するため、超法規特殊部隊・公安9課、通称“攻殻機動隊”が設立された。隊長である全身義体のサイボーグ・草薙素子(CV:田中敦子)は、国際的に指名手配された正体不明のハッカー“人形使い”を巡る捜査に乗り出すことになる。

 「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」は4Kリマスターによって、さらにハイクオリティな映像へとアップデートされることになった。公開当時の技術では再現できなかった、35ミリフィルムに眠る膨大な情報を引き出し、4Kの高解像度でリマスタリング。描線のタッチや背景の細部、暗いシーンでの色彩表現に至るまで、より鮮やかな映像として蘇っている。

 今回の情報解禁に伴い、4Kリマスター版の予告編(https://youtu.be/EHDTYrV7i5o)、押井監督のコメントも到着している。

 押井守監督「幸いなことに、この作品は技術の進歩のたびに、新しい形で生まれ変わってきた。今この時代に劇場で見られることを嬉しく思います。お楽しみください」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング