1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

濱田岳、秋元康が仕掛ける不倫コメディに挑む! 新ドラマ「じゃない方の彼女」10月スタート

映画.com / 2021年9月1日 7時0分

写真

(C)「じゃない方の彼女」製作委員会

 濱田岳が主演を務め、秋元康が企画と原作を担うオリジナルドラマ「じゃない方の彼女」が、テレビ東京系列で10月から毎週月曜午後11時6分に放送されることがわかった。濱田は、“天然魔性系女子大生”に振り回され、道ならぬ恋の沼へと沈んでいく真面目な既婚者を演じる。

 ドラマ「共演NG」や「あなたの番です」を手がけてきた秋元が本作でスポットを当てるのは、お笑い芸人の目立たない方、クラスの主役じゃない方、モテない方、皆が選ぶものとは違う方――そんな、いわゆる“じゃない方”の男性である主人公・小谷雅也。愛する家族に囲まれ、大学の准教授として働いてきた雅也が、妻“じゃない方の彼女”に翻ろうされる不倫コメディを紡ぐ。現在放送中のドラマ「来世ではちゃんとします2」や映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の三木康一郎が演出を担う。

 特別目立つことのない、ごく普通の人生を送ってきた大学准教授の雅也は、美人の妻と娘とともに何不自由ない日々を過ごしていた。しかし、ある日を境に、雅也は自身が務める大学の生徒・野々山怜子と偶然出会う機会が増え、いつしか互いに気になる存在に。「偶然が3回続くと、奇跡が起きるらしいですよ」とアプローチをしてくる怜子に、雅也は距離を置こうとするが、次第に天然魔性な彼女の言動に心惹かれていく。

 「じゃない方の彼女」はテレビ東京系列で、10月から毎週月曜午後11時6分に放送。秋元、濱田、中川順平プロデューサーのコメントは、以下の通り。

【秋元康】

 何年か前に、ある漫才コンビについて話していたスタッフが、「じゃない方!」「じゃない方!」と叫んでいるのを見て驚いたことがあります。コンビのどちらかの名前を失念していたなら、「ボケの方」とか「ツッコミの方」というか、「上手(かみて)の方」「下手(しもて)の方」と呼べばいいのに……。「面白い方」「面白くない方」という意味なのか、「顔が知られている方」「顔が知られていない方」という意味なのか、残酷な言い方だなぁと思っていたら、当の本人たちは、むしろ、愛おしさを込めて呼んでいることに気づきました。漫才という話芸において、それぞれ立場の異なる役割を理解した上での発言だったのです。

 言い方を変えれば、人間は、みんな、何かの「である方」であり、何かの「じゃない方」だと思います。そんな言葉遊びの延長線上でドラマを企画しました。とある男性の前に、2人の素敵な女性が現れたら、どちらが「である方」であり、どちらが「じゃない方」になるのか? それが、また、厄介なことに、時間差で現れたとしたら? もっと、面倒くさいことに、結婚してから現れたら? 奥さん? 彼女? どっちが「じゃない方」? 要するに、ぐしゃぐしゃなラブコメが出来ました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング