1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

83歳にして新作続々 ベン・アフレックも興奮したリドリー・スコット監督の撮影秘技

映画.com / 2021年10月8日 10時0分

写真

(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

 マット・デイモンとベン・アフレックが、「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」以来24年ぶりに脚本でタッグを組んだ「最後の決闘裁判」が、10月15日から公開される。メガホンをとったのは、「ブレードランナー」「グラディエーター」などで知られるリドリー・スコット監督。鬼気迫る圧巻の映像を作り上げる“ビジュアリスト”として名高いスコット監督ならではの撮影方法について、デイモンとアフレックらが語った。

 決闘裁判とは、その名の通り、一向に解決を見ない争いの決着を、命を賭けた決闘で決定するというもの。真実を知っているのは神だけであり、その神が“正しい者”を勝利へと導くと信じられ、中世ヨーロッパで正式な法手続きとして広く認められていた。本作では、14世紀フランスで実際に行われた“最後の決闘裁判”をモデルに、スコット監督が豪華キャストと共に作り上げた歴史大作として注目を集めている。

 スコット監督は、デビュー作で「決闘(duel)」を題材とした「デュエリスト 決闘者」でカンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞。1979年に手がけた「エイリアン」が世界的大ヒットとなり、「ブレード・ランナー」「テルマ・ルイーズ」「グラディエーター」「ハンニバル」「アメリカン・ギャングスター」「プロメテウス」と、幅広いジャンルでヒット作を生み出し続け、「ハウス・オブ・グッチ」(2022年1月14日公開)、ジョディ・カマーを再登用し、ホアキン・フェニックス共演のナポレオン1世を描いた「Kitbag(原題)」、そしてその後には「グラディエーター」の続編着手も報じられるなど、御年83歳にしてなおエネルギッシュに活躍し続けている。

 ウェストハートルプール美術大学、ロンドン王立美術大学でグラフィックデザインなどを学んだ後、BBCに入社し、退社後はCM制作会社RSAを設立してCM監督として活躍した経歴からすれば、さまざまなジャンルに挑戦し、撮影・音楽・衣装など芸術面や、美術・セットの細部にこだわり、リアリティのある映像美を追求するのも納得できる。

 複数のカメラを用いた360度全方向による撮影方法で知られており、アカデミー賞作品賞受賞監督でもあるアフレックは「リドリーのとても特徴的な撮影方法を間近で見られるのは、とても興奮することだった。各カメラがそれぞれの方向を向いていることによって信じられないほどのエネルギーが生じる。演じている者たちは、自分がいつカメラに捉えられているか分からない。それが素晴らしい切迫感と即時性を作り出すんだ」と振り返る。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング