1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

【コラム/細野真宏の試写室日記】「ルパンの娘」。武内英樹監督作「のだめ」「テルマエ」「翔んで埼玉」似ているのはどれ?

映画.com / 2021年10月13日 10時0分

写真

(C)横関大/講談社 (C)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会

 映画はコケた、大ヒット、など、経済的な視点からも面白いコンテンツが少なくない。そこで「映画の経済的な意味を考えるコラム」を書く。それがこの日記の核です。また、クリエイター目線で「さすがだな~」と感心する映画も、毎日見ていれば1~2週間に1本くらいは見つかる。本音で薦めたい作品があれば随時紹介します。更新がないときは、別分野の仕事で忙しいときなのか、あるいは……?(笑)(文/細野真宏)

 今週末の10月15日(金)には上映規模が300館超えの大作が一気に4本も公開される、という異例な週となっています。

 まずは目下、本年度邦画実写1位の大ヒットとなっている「東京リベンジャーズ」や、それを追いかけている「マスカレード・ナイト」など、絶好調なフジテレビ映画が放つ「劇場版 ルパンの娘」。

 この「ルパンの娘」で注目すべき点は、何と言ってもフジテレビの武内英樹監督作品、という部分です。

 武内英樹監督といえば、直近では「翔んで埼玉」の監督として有名でしょう。

 埼玉県を(愛ある)ディスりで描き出し、ローカルネタにも関わらず、まさかの興行収入37.6億円の大ヒットを記録し、2020年に発表された日本アカデミー賞では「最多ノミネート」を果たしました。

 さらには2020年3月6日の授賞式では「最優秀監督賞」を受賞し、フジテレビ社員であるにも関わらず日本テレビに登場してスピーチするという異世界を生み出したりと、最後まで楽しませてもらった作品でした。

 そんな武内英樹監督が次に手掛けたのが本作「ルパンの娘」となっています。

 そもそも武内英樹監督は2009年の「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」から映画のメガホンをとっています。

 その「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」は興行収入41.0億円を記録し、総監督に回った2010年の「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」では興行収入37.2億円となっています。

 その後、2012年に「テルマエ・ロマエ」という“時空を超えた入浴スペクタクル”という異色作を監督し、興行収入59.8億円という、ちょっとした社会現象的な大ヒットを記録しました。

 そして、2014年に続編「テルマエ・ロマエII」を作り、こちらも興行収入44.2億円という大ヒットを記録しています。

 ちなみに、ここまでの4本は、フジテレビ映画×東宝配給、という最強タッグだったのですが、2018年にはフジテレビ映画×ワーナー・ブラザース配給でオリジナル作品「今夜、ロマンス劇場で」を手掛けます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング