1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

ウィル・スミス主演、テニスの女王ウィリアムズ姉妹を育てた父の実話を描く「ドリームプラン」22年2月23日公開

映画.com / 2021年10月14日 7時0分

写真

テニス未経験の父が、いかにして世界最強のテニスプレーヤーを育てたのか (C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 ウィル・スミスが主演を務め、“世界最強のテニスプレーヤー”とも称されるビーナス&セレーナ・ウィリアムズ姉妹を育てた、テニス未経験の父の実話を映画化した「King Richard(原題)」が、「ドリームプラン」の邦題で、2022年2月23日に公開されることが決定。あわせて特報も披露された。

 女子プロテニス界のトップに10年以上にわたり君臨しているウィリアムズ姉妹。グランドスラム(全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン、全米オープンのテニス世界4大大会)で、姉ビーナスは7回、妹セレーナは23回(女性歴代2位)の優勝に輝いた。またオリンピックでは、ふたり合わせて5つの金メダルを獲得。21年の全豪オープン女子シングルス準決勝で、大坂なおみがセレーナと熱戦の末、勝利をおさめたことも話題になった。

 姉妹をゼロからテニスのワールドチャンピオンに育て上げたのは、テニスの経験がない父リチャード。彼はふたりが生まれる前に、優勝したテニスプレーヤーが4万ドルの小切手を受け取る姿をテレビで見て、「子どもを最高のテニスプレーヤーにしよう!」と決意したという。独学でテニスの教育法を研究し、78ページにもおよぶ成功への計画書(=ドリームプラン)を作成した。

 そんな計画書にまつわる実話に基づいた本作では、ギャングがはびこる米ロサンゼルス南部、コンプトンの公営のテニスコートで、途方もない困難に見舞われ、周囲から批判を浴びながらも、娘たちをテニスの王者にするという夢を追いかけたリチャードの姿が描き出される。特報では、スミス演じるリチャードが、「独学で成功するなんて不可能だ」という言葉に、「独学の実力を見せてやる」と言い放つ、痛快なシーンが切り取られている。

 スミスの演技を、海外メディアは「ウィル・スミスはアカデミー賞受賞確実!」(米ロサンゼルス・タイムズ)、「本作のウィル・スミスを打ち負かすのは、困難だ」(ハリウッド・レポーター)、「本作は温かく心を揺さぶるカタルシスをもたらし、観客を喜ばせる。ウィル・スミスが力強い存在感を放つ」(エンタテインメント・ウィークリー)と評しており、「ALI アリ」「幸せのちから」に続く3度目のアカデミー主演男優賞へのノミネートが期待されている。さらに、批評家サイト「Rotten Tomatoes」では満足度92%(10月13日時点)のハイスコアを記録した。

 製作にはスミス、ティモシー・ホワイト、トレバー・ホワイトに加え、ウィリアムズ姉妹も名を連ねている。18年にサンダンス映画祭でドラマ部門審査員特別賞を受賞したジョン・デビッド・ワシントン主演作「Monsters and Men(原題)」(ジョン・デビッド・ワシントン主演)のレイナルド・マーカス・グリーンが監督を務めた。

 「ドリームプラン」は、22年2月23日に全国公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング