1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

Facebookの“醜い真実”をドラマ化 「ザ・クラウン」クレア・フォイがCOO役で出演

映画.com / 2021年10月18日 19時0分

写真

クレア・フォイ Photo by Dave J Hogan/Getty Images for STUDIOCANAL

  「ザ・クラウン」のエミー賞女優クレア・フォイが、新ドラマ「Doomsday Machine(原題)」でFacebookのCOO、シェリル・サンドバーグを演じることがわかった。

 「Doomsday Machine(原題)」は、CEOのマーク・ザッカーバーグとシェリル・サンドバーグの関係を明らかにするとともに、Facebookが巨大IT企業として成長するために支払ってきた代償と“醜い真実”を描く。

 Facebookが2016年の米大統領選に与えた影響や、「クロスチェック」と呼ばれる特別審査システムで著名ユーザーに投稿内容に関する特権を与えていたこと、インスタグラムが若いユーザーのメンタルヘルスに悪影響となるリスクを認識していたこと、「ニュースフィード」機能がFacebookに関するポジティブな記事を優先投稿するプロパガンダツールとして使われてきたことなどの事案も描かれるという。ドラマには正確を期するために複数のジャーナリストたちがコンサルタントとして関わる。

 米Deadlineによれば、本作はベストセラー小説「Homeland Elegies(原題)」やピュリッツァー賞受賞舞台「ディスグレイスト 恥辱」で知られる作家アヤド・アクタルが企画。今年7月に出版されたニューヨーク・タイムズ紙記者シーラ・フレンケルとセシリア・カンの共著である暴露本「An Ugly Truth: Inside Facebook's Battle for Domination(原題)」や、ニューヨーカー誌の記者アンドリュー・マランツの記事をもとにドラマ化する作品で、アノニマス・コンテント(「スポットライト 世紀のスクープ」)とウィープ(「メア・オブ・イーストタウン ある殺人事件の真実」)が制作する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング