1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

巨大宇宙船、謎に満ちた星、謎すぎるマッツ・ミケルセンも 「カオス・ウォーキング」場面写真一挙

映画.com / 2021年10月20日 11時0分

写真

(C)2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved

 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」「ボーン・アイデンティティー」のダグ・リーマン監督がメガホンをとった「カオス・ウォーキング」の場面写真が一挙公開された。最新技術によって生み出された銀河や未知なる惑星が切り取られ、壮大なスケールの一端を垣間見ることができる。

 本作は、パトリック・ネスによるSF小説「混沌(カオス)の叫び」3部作の第1部「心のナイフ」を映画化。西暦2257年、汚染した地球を旅立った人類は新たな星「ニュー・ワールド」にたどり着くが、その星では男たちの頭の中の考えや心の中の思いが「ノイズ」となってさらけ出されてしまい、女は死に絶えてしまう。ニュー・ワールドで生まれ育った青年トッド(トム・ホランド)は、一度も女性を見たことがなかったが、ある時、地球からやって来て墜落した宇宙船の生存者ヴァイオラ(デイジー・リドリー)と出会う。

 披露された場面写真は、銀河を漂う円盤型宇宙船、ニュー・ワールドのプレンティスタウンに墜落した宇宙船など全11枚。未来的であり、産業革命前を感じさせる美術デザインのダン・ベイルのセンス、「ワールド・ウォーZ」でも終末世界をクリエイトしたVFXスーパーバイザーのマット・ジョンソンによるイマジネーションの数々をとらえている。

 そのほか、人類の敵なのか味方なのかわからない謎の種族スパクルや、「スパイダーマン」シリーズのホランドと「スター・ウォーズ」シリーズのリドリーが、何らかの脅威から猛ダッシュして逃げるシーン、プレンティスタウンを牛耳り、唯一ノイズをコントロールできる男プレンティス役のマッツ・ミケルセン、ジョナス・ブラザーズのリードボーカルとして知られるニック・ジョナスの姿を切りとっている。

 「カオス・ウォーキング」は、11月12日から東京・TOHOシネマズ日比谷で公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング