1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

「マリグナント」=脳が喜ぶ映画!? 茂木健一郎、ホラーが脳に及ぼす意外な効果を語る

映画.com / 2021年11月12日 18時0分

写真

(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 「死霊館」ユニバース、「ソウ」「インシディアス」シリーズなど数々の傑作ホラーを手掛けてきたジェームズ・ワン監督の最新作「マリグナント 狂暴な悪夢」が、本日11月12日に公開を迎えた。一足先に鑑賞したファンからは「衝撃受けること間違いなし。ただのホラーじゃない!」「まったく予想外の展開で、とにかく興奮」「ホラー好きこそ観るべき!」という声があがっている。

 ストーリーの巧みさ、ワン監督の手腕を称えるコメントが目立ち、“異形の展開”を含めて「作品に関してもっと言いたいけど言えない」とジレンマを抱えるファンも多い様子。そんななか、テレビ番組をはじめマスメディアでも活躍する脳科学者・茂木健一郎氏が、本作を鑑賞し、メールインタビューに応じた。

 茂木氏は「ホラーのような恐怖や不安などの感情が、脳のマッサージになる」と明言。ただし、ホラーやサスペンスには、常に観るものの予想や期待を裏切る「イノベーション」がないと目的を果たせないと語る。そういった意味で、全く予想を超えた展開が仕掛けられている「「マリグナント 狂暴な悪夢」は、革新的なホラーであり“脳がよろこぶ映画”であるとも言えるだろう。

――「マリグナント 狂暴な悪夢」をご覧になられましたが、まずは感想をお聞かせください。

 ホラーやサスペンスは、常に観るものの予想や期待を裏切る「イノベーション」がないと目的を果たせません。「マリグナント」には、極上のエンタメ映画をつくる上でのさまざまな工夫、仕掛けがあって、作り手の大きな愛を感じました。

――この作品を脳科学的に捉えると、どのような作品だと言えますか?

 人間とはなにか、経験の境はどこにあるのかが揺らいでいる現代において、人が人でいることの不思議さに根ざしたすぐれた映画だと思います。とりわけ、「悪夢」を巧みに視覚化することで、一体何が起きているのかと、観るものの現実感覚を揺らし、かえって身体性を確固たるものにする働きがあると感じました。映画を観ている間は不安ですが、映画を見終わると、より大きな安心につつまれるのです。

――ホラー映画が脳に及ぼす影響について教えていただけますでしょうか。

 本来、人間の脳は進化の過程で恐怖や不安などの感情を育んできました。その回路は文明の中で使われずに眠っています。映画館でエンタメを観るという「安全基地」の状況で、敢えて古くからある感情を経験することで、感情のローラーコースターに乗り、脳をマッサージするような効果があると思います。そのためのさまざまな仕掛けがとてもイノヴェーティヴでした。

――本作のテーマの一つが“悪夢”。この“悪夢”を見ないようにする方法は、脳科学的にあるのでしょうか?

 無意識を解放してあげることが大切です。そのために、このような悪夢をテーマにした作品を観ることが効果があります。逆説的ですが、悪夢の映画を見ると悪夢が解放されて減るのです。

――茂木さんご自身は、悪夢をご覧になりますか?

 現代の世界は、私としてはむしろ現実の方が悪夢のように感じる場合もあります。フィクションやエンタメで大いに悪夢をとりあつかうことで、脳のバランスを回復したいものです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください