1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

カンフー×ワイヤーアクション、バレットタイム… 「マトリックス」の衝撃&映画界に与えた影響

映画.com / 2021年11月12日 20時0分

写真

(C)2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

 12月17日に日本公開を迎える「マトリックス」の新章「マトリックス レザレクションズ」。いまだ謎の多い本作の公開を前に、新章でもメガホンをとったラナ・ウォシャウスキー監督にフォーカスしつつ、改めて「マトリックス」が映画界に与えた影響を掘り下げていく。

■第1作の衝撃 斬新すぎて製作にこぎつけるまで一苦労だった

 「マトリックス」シリーズでメガホンをとったラナ&リリー・ウォシャウスキーは、監督としてデビューする以前は、木工用具店を営む傍らコミック制作を行っていた。マーベル・コミックスの原作にも携わり、リチャード・ドナー監督の「暗殺者」等で脚本を手掛けた後、脚本第3作「バウンド」で念願の監督デビュー。その後、「マトリックス」を手掛けることとなる。

 しかし、ウォシャウスキーコンビがイメージしていた「マトリックス」は、複雑なストーリーや、スピードアップしたキャラクターの動きを知覚できるよう表現する「バレットタイム」などの斬新な視覚効果から、当初はハリウッドでなかなか理解されずにいた。そこに、ハリウッドのヒットメーカーであるプロデューサーのジョエル・シルバーが目をつけたことから、「バウンド」の400万ドルに対し、「マトリックス」では6000万ドルの予算を取り付けることに成功。「マトリックス」は、シリーズ累計での全世界興行収入が16億3300万ドル(約1800億円 ※Box Office Mojo調べ)にも及び、世界中でヒットを記録した。

■ハリウッド初のカンフー×ワイヤーアクション

 ウォシャウスキーコンビは、「マトリックス」について「この脚本には個人的趣味を反映させましたが、一番は観客がスクリーンで見たこともないような映像のアクション映画を作り出そう、という思いで書いたんです」と語っている。

 キャストは誰も経験のなかったカンフー、加えてワイヤーアクションの4カ月にも及ぶトレーニングを経て撮影された。モーフィアス役のローレンス・フィッシュバーンは「欧米の俳優の中で、このタイプのアクションを披露するのは我々が初めてじゃないかな。そんな貴重なチャンスを与えてもらったことに感謝しているよ」と、「マトリックス」のインタビュー内で明かしている。

 当時のハリウッドのアクション映画では、スタントマンがキャストの代わりにアクションを務めるため、顔が見えにくい位置からの画で構成された映像になりがちだった。そこに香港映画では常識の、キャスト自身がアクションをするという点が加わった。カンフー×ワイヤーによるダイナミックかつナチュラルな格闘、そしてド派手な銃撃戦という、東西のいいとこどりをしたアクションシーンが誕生した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください