1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

ディズニー実写版「白雪姫」 ガル・ギャドットが邪悪な女王役に

映画.com / 2021年11月16日 15時0分

写真

ガル・ギャドット Photo by Steve Granitz/FilmMagic/Getty Images

 米ウォルト・ディズニーが準備中の実写版「白雪姫」に、「ワンダーウーマン」シリーズのガル・ギャドットが邪悪な女王役で出演するようだ。米Deadlineによれば、ギャドットはディズニーと最終交渉中だという。

 本作は、スティーブン・スピルバーグ監督のリメイク版「ウエスト・サイド・ストーリー」(日本公開は12月10日)のヒロインに抜てきされた新星レイチェル・ゼグラーが主演。「(500)日のサマー」「アメイジング・スパイダーマン」のマーク・ウェブが監督を務め、2022年にクランクインする。

 ディズニー製作のアニメ版「白雪姫」は、グリム童話をもとに1937年に公開された世界初の長編アニメ映画で、大ヒットとなった。実写版は原作の物語と音楽をさらにふくらませたものになるそうで、「ラ・ラ・ランド」「グレイテスト・ショーマン」「ディア・エヴァン・ハンセン」のベンジ・パセックとジャスティン・ポールのコンビが、本作のために新曲を書きおろす。

 ギャドットは、ドウェイン・ジョンソン、ライアン・レイノルズと共演するアクション大作「レッド・ノーティス」が11月12日からNetflixで世界同時配信される。また、新作として「ワンダーウーマン」シリーズのパティ・ジェンキンス監督と再タッグを組む「クレオパトラ(原題)」、トム・ハーパー監督による女性スパイを描く新作アクション「Heart of Stone(原題)」が控えている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください