1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

山本直樹×廣木隆一×村上淳&菜葉菜 SMクラブに通う男と女王様のラブストーリー「夕方のおともだち」実写映画化、2月4日公開

映画.com / 2021年11月19日 18時0分

写真

(左から)書影、海外版ビジュアル (C)山本直樹/イースト・プレス (C)2021「夕方のおともだち」製作委員会

 過激な描写とメッセージ性の強い作品で熱狂的なファンな持ち、「レッド」で第14回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した鬼才漫画家・山本直樹の「夕方のおともだち」(イースト・プレス刊)が、廣木隆一監督によって実写映画化されることが決定。2022年2月4日に公開される。

 ヨシダヨシオは、寝たきりの母親と暮らし、市の水道局に勤める、一見すると真面目な男。その一方で、筋金入りの“ドM”な一面を持っていた。夜になると街でただ一軒のSMクラブの“女王様”ミホの元に通いつめている。しかし、このところ、なぜかプレイに身が入らずにいた。その理由は、ヨシオをこの世界に目覚めさせ、彼の前から突然姿を消した“伝説の女王様”ユキ子。ヨシオは彼女のことが忘れられず、いつもどこかでユキ子の残像を追いかけながら暮らしていたのだ。そんなある日、ミホと釣りに出かけたヨシオは思いがけない場所でユキ子を見かけ、ミホを置き去りにして必死に追いかける。

 ヨシダヨシオに扮するのは、廣木組には欠かせない村上淳。そして、ミホ役には、「赤い雪」の熱演が絶賛された菜葉菜。音楽は、廣木監督、村上と親交が深い大友良英、さらに大橋トリオのバラード「はじまりの唄」がエンディング曲に採用された。

 このほど公開された海外版ビジュアルは、裸体のヨシオが狭い柵の中で手足を拘束され、ボンテージ姿のミホ女王様に責められている様子が写し出されている。SMプレイ中の刺激的なシーンではあるが、幻想的で美しい描写に山本直樹の世界観を廣木監督がどのように映像にしていくのか期待が高まる一枚だ。

 特殊な環境で出会った男女の美しくも儚いラブストーリーの予想外のラストに待つのは、性別や趣味嗜好など関係なく、誰もが感じずにはいられない“癒し”と“愛”。大切な人との繋がりや、生きるということへのメッセージが込められた作品が誕生した。

「夕方のおともだち」は、22年2月4日からTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国順次公開。

<コメント>

【廣木隆一(監督)】
 山本直樹さんの原作に初めて出会った時の印象は何気なく過ごしている日常の大切さや人との距離を考えさせてくれるものでした。自分が大切にしてるものや自分が生きてると実感させてくれる瞬間を表現してる事でした。自分の秘密の花園はここにあるとドキドキした事でした。振り返るにはまだ早すぎるだろう、キャストや大橋さんの唄にはギリギリでも生きていけるそんな勇気を与えてもらえる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください