1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

「山路ふみ子映画賞」女優賞の尾野真千子「これからも映画を愛してあげてください」 新人女優賞は清原果耶

映画.com / 2021年11月26日 19時15分

写真

 第44回山路ふみ子映画賞の贈呈式が、11月26日に東京・千代田区の一ツ橋ホールで行われた。作品賞に当たる山路ふみ子映画賞を獲得した「すばらしき世界」の西川美和監督をはじめ、尾野真千子(女優賞)、清原果耶(新人女優賞)、倍賞美津子(映画功労賞)らが出席した。

 山路ふみ子映画賞に輝いた「すばらしき世界」は、西川監督が役所広司と初タッグを組んだ人間ドラマ。人生の大半を裏社会と刑務所で過ごした男の再出発の日々を描いた。花束を受け取った西川監督は「この作品は、刑務所で長く服役した男が社会に出てから、どうやって普通の生活を取り戻すかということを淡々と描いた作品です。私も人が罪を犯すまでの、非常にドラマティックでスリリングな過程には興味を持ってきたんですが、佐木隆三さんの原作小説『身分帳』に出会うまでは、悪事を犯した人が日常に戻ってくるところにきちんと関心を持ったことがないなと思いました。佐木さんの絶版状態だった小説を、世の中に復刊させたいなという思いだけで、映画づくりに向かいました」と語る。実際に刑務所に服役したことがある人や、その社会復帰を支える人に話を聞き、綿密なリサーチを行ったことを明かしていた。

 映画功労賞を受賞したのは、「護られなかった者たちへ」で清原と共演した倍賞。「頂きました!」と笑顔を見せ、「もう50年も(女優を)やっているんですね」と感慨深げな表情を浮かべる。尾野と清原の方を振り返り、「皆さんもずっと続けていたら、こういう賞が頂けますから(笑)」と茶目っ気たっぷりに声をかけ、「本当にすごく嬉しいです。映画は大好きなんですが、どちらかというと出るよりも見る方が好きな人なんです(笑)。これからはじっくりと、もっともっと作品を見ていきたいと思います」と挨拶した。

 「茜色に焼かれる」(石井裕也監督)と「明日の食卓」(瀬々敬久監督)で女優賞を受賞した尾野が、艶やかな着物姿で進み出た。「茜色に焼かれる」ではさまざまな苦難に見舞われながらも子どもを守るために立ち向かうシングルマザー、「明日の食卓」では壊れそうになる家庭を必死で立て直そうとする主婦と、タイプの異なる母親を演じ鮮烈な印象を残した。尾野は、コロナ禍での映画製作について思いを馳せた。

 尾野「この時代にこのような賞を頂けたこと、本当に嬉しく思います。そう言えるのも、たくさんの人に、たくさん助けて頂いたおかげです。いままで当たり前だと思っていた、撮らせて頂けること、演じさせて頂けること。でも、この時代になって、当たり前ではなかったんだな、こんなにありがたいことだったんだなと、身に染みて学ばせて頂きました。これからもたくさんの人に映画を愛して頂けるように、興味を持って頂けるように、頑張っていきたいと思います。これからも映画を愛してあげてください」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください