1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

「坂道のアポロン」初の朗読劇が3月上演 寺島惇太ら声優チーム、輝山立ら俳優チームが日替わり出演

映画.com / 2024年2月21日 23時0分

写真

 小玉ユキ氏による人気漫画「坂道のアポロン」の初となる朗読劇化が決定した。3月5~10日に、東京・草月ホールで上演される。

 同作は、2007~12年に「月刊フラワーズ」(小学館刊)で連載された青春群像劇。1960年代の九州のとある都市を舞台に、父親の仕事の都合で長崎・佐世保東高校に転校した西見薫と、ジャズを愛する不良の少年・川渕千太郎を中心とする青春模様を描いた。12年にテレビアニメ化され、18年には知念侑李主演で実写映画化もされた。

 同公演は、ジャズの名曲と、その演奏シーンをジャズバンドが生演奏で披露するほか、日程によって声優チーム、俳優チームが日替わりで各キャラクターを演じることも特徴となっている。

 3月5、7、8、10日は声優チームの公演日となっており、薫役を寺島惇太、海渡翼、梶原岳人、千太郎役を今井文也、増田俊樹、中島ヨシキ、迎律子役を木戸衣吹、芹澤優、深堀百合香役を西田望見、小松未可子、桂木淳一役を木島隆一、野島健児が担当。俳優チームが出演する6、9日公演は薫を輝山立、千太郎を赤澤遼太郎、律子を堀内まり菜、百合香を山内優花、桂木を大海将一郎が演じる。なお、迎勉役は全日程で山本佳希が担当する。

 演出および脚本は、劇団「teamキーチェーン」の代表を務めるAzukiが手がける。

 チケット価格は、S席および車いす席が1万円、A席が9000円(税込み)。

 原作者の小玉氏からのコメントは以下のとおり。

【小玉ユキ(原作者)】
朗読劇「坂道のアポロン」、生の朗読と生演奏という贅沢な表現によってこの物語が生まれ変わり、新たな世界を見せてくれることを楽しみにしております。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください