「たこ焼き」が入った「タイ焼き」―たこ焼き「こんこん」の「たこタイ焼き」

えん食べ / 2013年1月30日 19時20分

写真

これがウワサの…?

両国国技館、向島の芸妓さん、江戸切子に、昨年誕生した東京スカイツリー。これらから連想されるのは…そう、墨田区でございます。東京都の東部に位置する墨田区は下町情緒にあふれ、なんだか懐かしくなってしまう、あたたかくて粋な街です。ぶらり墨田区散歩、絶対楽しいですよねえ。てやんでい。

そんな墨田区に、なんでも「たこ焼き入りのタイ焼きがあるらしい」との情報をゲットしました。えっ、具がたこ焼き? たこではなく、たこ焼きが入ってるってこと? 何それ、気になる!

……と、気なったら確かめてみるのがえん食べ編集部。早速行って確かめてみることにしました。これがなかなか逸品ですよ!

■曳舟に到着

京成線に乗り、やってきたのは曳舟。目的のお店「たこ焼きこんこん」に向かいます。横目で大きなスカイツリーを眺めつつ、キラキラ橘商店街の中へ。この商店街、いい感じにレトロな香りがして、散歩の足取りも軽くなるってもんです。おいしそうなお惣菜やさんに目移りしつつ、商店街の中ほどまで進んでいくと、 ありました! たこ焼きこんこんです!

■たこ焼きこんこんを発見

おお~、お店構えもノスタルジック! こういう感じ、いいですよね。お店のカウンターの周りには、たこ焼きやたい焼きのメニューがぺたぺたと貼られています。たこ焼きのソースにはかなりバリエーションがあるようで、注文を考えるのも楽しそうですね。

と、ここに来た目的をすっかり忘れかけていましたが、今日頼みたいのは、たこ焼き入りのたい焼き「たこたい焼き」。本当にたこ焼き入れちゃうの? と思いつつ、早速注文をしてみることに。

■「たこたい焼き」はどう作るの?

まずはたい焼きの型に生地を流し込みます。これは普通ですよね。そして、次にキャベツを入れます。…うん? キャベ、ツ…? そしてたい焼き型の隣にあるたこ焼き型で焼いていたたこ焼きをピックで刺したかと思うと、それをそのまま生地にどーん!! うわああ本当に入れてる!

生地から完全にぼこっと盛り上がっているたこ焼きに、ソースとマヨネーズを手際よくかけていく焼き手のお姉さん。これ、どうするの…はみ出すよね…? と思っていると、開いているたい焼き型を、そのまま勢いよくバシっと閉じてしまいました。おわああたこ焼き潰れちゃうじゃん!? と思いましたが、仕上げに少し焼いて、たこたい焼き、完成でございます。

■食べてみた

見た目は完全に普通のたい焼き。皮はパリッと焼き上げられ、厚みも普通サイズです。到底この中にたこ焼きが入っているなんて思えませんが、入っているんです。まあ、ちょっとお腹からキャベツがはみ出ているのはご愛嬌かなってことで。

えん食べ

トピックスRSS

ランキング