肌トラブルの注目アイテムは「りんご」!?  専門家が語る美容効果

えん食べ / 2013年2月4日 15時0分

写真

肌トラブルの注目アイテムは「りんご」!?  専門家が語る美容効果

紫外線やエアコン、また仕事のストレスや睡眠不足などにより発生する、「乾燥」や「毛穴」をはじめとした肌トラブル。美容に関する情報は数多く発信されていますが、かえって何をしたらいいか迷ってしまっている女性も多いかもしれません。

そんな人に朗報…!私たちの食生活に根ざした果物「りんご」の美容効果に注目が集まっているそうです!

●どうして「りんご」がいいの?

美容ジャーナリストの城後紗織(じょうご さおり)さんによると、「りんご」が注目されるようになったのは、『リンゴ果実培養細胞エキス』という成分がきっかけ。

このエキスは、スイス産の「ウトビラー・スパトラウバー」という品種のりんごを培養したもので、収穫後4か月経っても新鮮な状態を維持する(!)という特長があることから“腐らないリンゴ”として大きな話題に。幹細胞の寿命を延ばしてくれる成分として、「幹細胞コスメ」ブームの波にも乗り、現在美容業界で注目を集めているそうです。

●りんごの具体的な美容効果とは?

城後さんによると、“腐らないリンゴ”に限らず、そもそも「りんご」自体が、さまざまな美容効果が期待できる食材なのだそうです。

具体的には、りんごに含まれるペクチン(不溶性食物繊維)の働きにより、お通じをよくする効果が期待できるほか、しみやシワの原因になる活性酸素をおさえる働きがあるポリフェノールも含まれているそう。ちなみに、“りんごポリフェノール”は皮の部分に多く含まれていること、加熱することでペクチンの働きが高まることなどから、皮ごと焼いて「焼きりんご」として食べるのがおすすめだそうです…!

さらに、最近では、りんごの美容効果に着目したスキンケア製品も登場しており、食べるだけでなく、「スキンケア」として取り入れる方法もあるのだとか。

例えば、りんごなどに代表されるフルーツの中にはフルーツ酸とも呼ばれる「AHA」という成分が含まれています。城後さんによると、その中でも、りんごに含まれるAHAには、皮膚の一番上の角質層の結合力を弱め、角質層を薄くする作用があると言われているそう。りんご由来のAHAを使用することで、天然由来の成分が、やさしく古い角質を落とす、ピーリングのような働きをしてくれるのだそうです!

また、りんごに含まれるビタミン C にも嬉しい効果が…。「美肌に欠かせない成分と言えば『ビタミン C』ですが、りんごに含まれるビタミン C は、時間が経っても加熱しても壊れにくいと言う特長があります。ビタミン C を補うことは、肌のターンオーバーの正常化を促し、乾燥に負けない肌をつくることにつながります」(城後さん)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
えん食べ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング